機能はAndroid向け「モバイルPASMO」と同様で、クレジットカードがあれば、iPhone上の操作だけで残高のチャージや定期券購入も行えます。 モバイルpasmoではスマホでpasmo定期券の購入ができます。 窓口に行く必要がなく、電車への乗り降りもスマホだけで可能です。 これまで定期券はICカードを使い、エリア外はモバイルSuicaを使うという人もいたかもしれません。 モバイルPASMO for iPnone 設定ガイド ついに、iPhoneやApple WatchのApple Payで、交通ICカード 「PASMO」が10月6日から利用できるようになりました。 AndroidのみモバイルPASMOが利用できるようになった同年3月から、7ヶ月遅れてのスタートとなったが、「やっと使える! モバイルPASMOで定期券を発行できる事業者はすでに公表されているが、対象の地下鉄や私鉄、バスだけを通勤や通学などに使う人は、PASMOを「モバイル化」できるというわけだ。 「iPhone」には非対応 バス利用者にとってもモバイルpasmoでバス定期券を設定できるメリットがある。 pasmo定期券を電子マネーカードとしても利用して、モバイルsuicaを使っていない人であれば、モバイルpasmoへの移行は単純に利便性が向上する。 モバイルpasmoでは、市営バス・地下鉄の通勤定期券・通学定期券をお買い求めいただけます。(※1、※2) ご購入のお手続はモバイルpasmoアプリから行っていただきます。 モバイルpasmoへ情報を引継いだのですが、これまで使用していたpasmoのデポジットはどうなりますか? <android端末の方> pasmoカード発行時のデポジット(預り金)500円は、sf(電子マネー)受取操作後に、pasmo取扱事業者の駅やバス窓口にて返金いたします。 『Apple Watch』の場合は『Suica』『PASMO』共に『定期』の利用が可能。例えば『iPhone』を忘れて駅に到着してしまったとしても、『Apple Watch』さえ身に着けていれば『会社』や『学校』にたどり着く事が可能です。 ランチも『Apple Watch』を使って支払いをすれば問題なし。 pasmoの再発行とは、故障や紛失などによりpasmoを利用できない場合に行う復旧手続きです。端末に設定したpasmo情報を無効化し、定期券情報やsf(電子マネー)の残額などの情報を引き継いだ状態で、再度pasmoを発行します。 2020年3月時点で、モバイルPASMOを使えるのはAndroid端末(Android ver.6以上)のみです。残念ながらiPhoneはモバイルSuicaしか使えません。(しかもiPhone7以降) iPhoneでもモバイルPASMOが使えるようになるのはまだ先のようです。 モバイルpasmo定期券なら、定期券代に応じて、クレジットカードの決済ポイントが貯まるため、現金払いよりもお得に定期券を使えます。 カードタイプのpasmo定期券から、モバイルpasmoへの移行(切り替え)はできません。 モバイルPASMOがスタートしました。定期券の購入やバス特ポイントなど魅力はありあますがiPhoneで使えないなどデメリットが多いです。口コミや評判をまとめてみました。 タッチで通れるのかとりあえずドキドキしました(笑) スマホで定期券の購入・払い戻し・区間変更なども出来るので 窓口のあの行列に並ばなくても良いのです! これかなり嬉しいかも。 モバイルpasmoでデメリットに感じたこと. ついにiPhone/Apple Watchで「Apple PayのPASMO」が利用可能に。iPhoneで実際に試しながら、iPhoneで実際に試しながら、使い方や機能を整理してみました。 モバイルpasmoへの対応についてご案内致します。メトポ(メトロポイントクラブ)に登録したpasmoを使って、定期券・企画券区間外をご乗車いただくとポイントが貯まります。登録費、年会費は … 関東の私鉄やバスで利用できる交通系ICカードサービス「PASMO」のスマートフォン対応が、2020年ついに実現しました。首都圏の私鉄・バス利用者にとって念願のサービスとも言われたモバイル版PASMOですが、「Suica」のモバイル版と一体何が違うのでしょうか。 3月18日10時から「モバイル PASMO」のサービスが開始した。これまではプラスチックカードに限定されていた交通系ICカード「PASMO」が、Androidスマートフォンで利用可能になった。ただし、iPhoneでは利用できない。 定期券の購入・払い戻し. 2020年10月iPhoneでもモバイルPASMOの利用が始まりました。 今回の対応は、iPhoneユーザーのPASMO利用者にとって朗報ではないでしょうか? しかし、いざ対応したといっても. Apple Pay で Suica または PASMO を使うには、最新バージョンの iOS を搭載した iPhone 8/iPhone 8 Plus 以降、または最新バージョンの watchOS を搭載した Apple Watch Series 3 以降が必要です。 Suica については、日本国内で販売された iPhone 7、iPhone 7 Plus、または Apple Watch Series 2 でもご利用になれます。 (追記)2020年10月6日よりiPhoneでも利用可能になりました。2020年3月18日よりモバイルPASMOが始まった。ちょうど定期券の購入タイミングだったので使ってみた。一部レビューで悪い評判も見られるが、実際に使ってみると全く問題は 2020年10月7日、iPhoneユーザー待望のiOS版モバイルPASMOのサービスが開始されました。サイトを除いてみると注意点がいくつかあるようなので、改めてまとめてみました。モバイルPASMOはこれまでのPASMOカードと比較して使いや モバイルPASMOが使える時期ですが、Android端末は2020年3月18日から使えるようになります。(Android6.0以上) iPhoneでモバイルPASMOが使える時期はいつ? それでは、iPhoneでモバイルPASMOが使えるようになる時期はいつなるのでしょうか? 今まで使っていたPASMO定期券はiPhoneでも使えるのか モバイルpasmoの再発行とは、故障や紛失などによりpasmoを利用できない場合に行う復旧手続きです。端末にあるpasmo情報を無効化し、定期券情報やsf(電子マネー)の残額などの情報を引き継いだ状態で、再度pasmoを発行します。 首都圏の私鉄各社の交通系ICカード「PASMO」がApple Payに対応し、10月6日から「Apple PayのPASMO」サービスを開始した。電車やバスへの乗車や電子マネーとしての決済に加え、各社の定期券に対応しているのが特徴だ。PASMO協議会では、「まずはユーザー数1,000万を早めに獲得できるように … ですが、モバイルpasmo定期券をpasmoカードに移行することはできません。 もし、モバイルpasmoで通勤・通学してみて不便を感じたら、モバイルpasmo定期券の払い戻し操作をおこない、駅やバス窓口にて定期券を新たに購入する必要があります。 モバイルpasmoアプリで購入した通勤定期券 (2) 会員登録なし、現金だけで使える AndroidスマホでモバイルSuicaを使う場合は必ず会員登録が必要です。