【税理士ドットコム】お世話になって居ります。年末調整の生命保険料控除申告の件でご相談です。令和2年中に、国民年金保険、国民健康保険料の納付をしていたので申告したところ、会社から、国民年金保険料の分は、年金機構から届いている控除証明書の添付が必須だと言われました。 の方の確定申告が必要なケースや、申告するメリットついて解説します。 所得税の確定申告書がお手元にあるならば、申告書第一表の右側の一番上、「課税される所得金額」を確認していただきたい。この数字が900万円以下なら「所得税は総合課税で確定申告」「住民税は申告不要」の策が使える。 国民健康保険税には、世帯の所得に応じて軽減する措置が設けられています。 確定申告(かくていしんこく)は、日本の租税に関する申告手続を言い、次の諸点を指す。. 社会保険料控除における国民健康保険料に関する証明書類は、結論からすると添付不要です。, 確定申告の際に証明書類が必要、あるいはなくしてしまって大変と思いがちですが、実はこの書類は不要だといえます。元々は、確定申告が年1回にあって、毎年必要だと思ってしまうことが発端となっています。, しかし、確定申告ではすべての証明書類を添付しなければいけない、という思い込みが疑問や焦りを引き起こします。, 社会保険料控除の中でも、国民年金と国民年金基金に関しては、確定申告書に証明書類添付が求められますが、国民健康保険については別です。, 国税庁のWebサイト、タックスアンサーにも書かれていますが、何処にも証明書が必要とは記載されていないです。記載がないということは不要を意味していますから、つまり用意しなくても良い証拠です。, 確定申告において、控除申告書を作成する場合は、控除の種類に合わせて証明書を集める形となりますが、国民健康保険料は納税金額のみのお知らせです。, 社会保険料控除では全額の控除が可能ですから、上手に活用して節税することが大切です。, 確定申告の際に記入できる社会保険料控除は、自分と家族の国民年金保険料や厚生年金保険料と、健康保険料に国民年金基金の掛け金です。, 更に、後期高齢者医療制度の保険料と、介護保険法の規定による介護保険料や、労働保険料が対象となっています。, 国民年金に加入済みで、妻や20歳以上の子供の年金保険料を負担していて、滞納分の国民年金を追納した人が該当します。, あるいは、年の途中で退社したものの、サラリーマン時代に厚生年金に加入していた人も同様に、社会保険料控除の欄に国民年金や厚生年金保険料が記入できます。, 該当する人は控除証明書が送られてくるので、確定申告する時はその金額を記入しましょう。, 自分や家族の健康保険料は、同様に自分で国民年金に加入していたり、家族の健康保険料を支払っている時も会保険料控除に記入が必要です。, ただし、国民健康保険料には控除証明書が存在していないので、この書類の添付は不要で金額の記入のみとなります。記入する金額は1月1日から12月31日までの期間において、実際に納付した保険料を書き入れる必要があります。, 現金払いで収めている人は納付済書、銀行の引き落としなら通帳が確認に役立つ書類です。, いずれを確認しても分からない、もしくは確認できない場合は、市区町村に問い合わせることでも確認可能です。, 納付した金額を確定申告書に書き入れるので、納付期限が来年になっていても、支払いを終えていれば今年の控除が受けられます。, サラリーマン時代に給与から天引きを受けていた健康保険料があるなら、源泉徴収票を添付した上で、金額を記入することになります。, このように、国民健康保険料は元々控除証明書がなく、添付を必要とする決まりもないので、証明書を一緒に提出する必要はないわけです。, 書類を用意したり添付を行うのは手間ですし、何より無駄になってしまいますから、理由を良く理解して添付しないように気をつけましょう。, 国民年金基金の掛金には控除証明書がありますが、その金額を記入する形で項目を埋めます。, 後期高齢者医療制度や、介護保険法の規定による介護については、自分の口座から保険料を支払っていたり、年金から天引きされている場合に書き入れられます。, 生計を一にする親族が負担すべき、その社会保険料を支払っている場合も同じく、本人と一緒に控除の対象に入れられます。, ただ、年金受給者本人が年金から特別徴収で天引きされている、そういう場合は本人だけが控除の対象です。, 労災保険と雇用保険を差す労災保険は、特別加入制度で支払った保険料が社会保険料の控除対象に加わります。, この労災保険は、サラリーマン時代に給与天引きされていたことが条件で、条件に合致すれば源泉徴収票を添付して記入する形で控除対象となります。, 確定申告書はこのように、保険の種類によって添付書類に違いがあり、国民健康保険料はそもそも控除証明書自体がないです。, 本人確認書類の提出は必要ですが、マイナンバーカードや通知カードと運転免許証などが使えるので便利です。, マイナンバーカードを使う場合は、e-Taxの利用において各種の添付書類が不要になりますから、国民健康保険料以外も楽々です。, 確定申告で国民健康保険料の控除証明書は不要、これは案外知られていない事実ですが、税理士や公認会計士が度々情報配信しています。, 頻繁に相談を受けてい専門家も少なくないですが、確定申告の基本的な基礎知識ですから、本来であれば国民全員が知っておくべきものです。, それでも、提出書類に関する周知が不十分で未だに添付を続けている人がいるのも確かです。, 社会保険料の控除は、必要書類とそうでないものが保険の種類によって分かれているので、今一度確認して今後の確定申告に活かしたいところです。. 確定申告や年末調整のために国民健康保険料の納付状況について知りたい。 回答 確定申告や年末調整において社会保険料控除の対象となる1年間(1月~12月)に納付された保険料額(還付された金額を除く)は、「納付済額のお知らせ」として翌年1月下旬に一斉に郵送します(無料)。 今年も確定申告の時期が近づいてきました。今回は、「年金受給額が400万以下」の場合に確定申告が不要!といわれる理由と、確定申告をしなかった場合、損をしないのか?また、住民税はどうなるのか?など年金受給者の確定申告について、調べたことをまとめてみました。 保険料については領収証か引落通知書のコピーを提出するよう求めてもいいと思うのですが。 (提出するよう指導している会社もあるようですがね) 年金には、「公的年金等」と「公的年金等以外」があります。 1. 公的年金等国民年金、厚生年金、確定給付企業年金、確定拠出企業年金等 2. 公的年金等以外 個人年金保険契約、生命保険契約、生命共済契約等の年金等 うち、公的年金等については「年金所得者の確定申告不要制度」に該当する場合があります。 実は確定申告で医療費控除をする際、領収書の提出が不要で明細書の提出が必要になります。しかし、医療費のお知らせを使えば明細書の記入も必要ないのです!ややこしくて毎年頭を抱える確定申告。このサイトを見てミスのない確定申告をしましょう! 確定申告と言えば、所得税を思い浮かべることと思います。ですが、所得税よりも国民健康保険の方が重荷に感じている人の方が意外と多いのかもしれません。実は、あまり意識されていないかもしれませんが、確定申告書 国民健康保険料. 国民健康保険料には控除証明書がありません。社会保険料控除を受ける場合には、年間に支払った金額を確定申告書に記入します。支払金額については、自治体から送られてくる納付額通知書などで確認します。 介護保険料 国民健康保険料を支払っている人は、確定申告によって控除を受けられます。ここでは、確定申告で国民健康保険料の控除手続きが必要なのかについての確認方法や、国民健康保険料の控除によって還付を受けられる額の計算方法などについてご紹介していきます。 保険税, 会社の年末調整で控除証明書を提出したときは源泉徴収票に記載されます。その源泉徴収票で確定申告するときは控除証明書を税務署に提出する必要はありません。源泉徴収票が証明書の代わりとなります。, 所得税の確定申告を電子申告で行う場合は、控除証明書を税務署に提出する必要はありません。, 「納付済額のお知らせ」と言うところもあります。, 保険会社によっては「払込証明書」と言うところもあります。. 国民年金保険料及び国民年金基金の掛金について社会保険料控除を受ける場合は、『社会保険料(国民年金保険料)控除証明書』等(※1) 添付又は提示 添付書類台紙などに貼って申告書と一緒に提出する 又は 提出の際に提示する: 小規模企業共済等掛金控除: ⑪ 自営業の方が行うと思われがちな確定申告。しかし、無職でも確定申告をしなければならない場合や行うことで得することもあります。この記事では、無職の方の確定申告が必要なケースや、申告するメリットついて解説します。 保険料(税)が減額されません。損しちゃいますからね。また他の免除申請にも、非課税証 2017年分以後の所得税の確定申告において、医療費控除を受ける際の提出書類が変わりました。今一度、新方式について確認しておきましょう。確定申告「医療費控除」のキホン(写 … 保険料の控除を受けるための書類作成の方法や必要な書類について解説。 保険」と「国民年金・国民年金基金」の保険料は、支払った全額が社会保険料控除の対象となり、申告することで税金を減らせます。 確定申告(かくていしんこく)は、日本の租税に関する申告手続を言い、次の諸点を指す。. 保険の控除証明書で慌てないようにしましょう 個人が、その年1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や扶養親族の状況等から所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること 「公的年金等の源泉徴収票」と確定申告 源泉徴収票 Q&A q1 q2 社会保険料の金額とは何ですか? 特別徴収された個人住民税額はどこかに表示されているのですか ? a1 a2 各支給期に年金から控除(特別徴収)された介護保険料、国民健康保険料および後期高 年金受給者の皆さんの申告手続の負担を減らすため、公的年金等に係る「確定申告不要制度」が設けられています。これにより、公的年金等による収入が400万円以下で一定の要件を満たす場合には、所得税及び復興特別所得税の確定申告を行う必要がありません。この制度について紹介します。 保険税には、世帯の所得に応じて軽減する措置が設けられています。 »ä»˜äº‹é …も含めて、ぜひ参考にしてください。 確定申告では、必要書類を揃え、翌年の2月16日から3月15日(土日の場合には翌月曜)までに税務署に申告、納税します。納め過ぎた税金が還付金として手元に戻る場合もあります。また、確定申告の内容により、来年の国民健康保険料や住民税が決定します。 に感じている人の方が意外と多いのかもしれません。実は、あまり意識されていないかもしれませんが、確定申告書 あわせて、確定申告不要制度についてのページもご参照ください。 国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料は社会保険料控除になりますが、実際にその保険料を支払った方の社会保険料控除として申告するものです。 年金受給者の皆さんの申告手続の負担を減らすため、公的年金等に係る「確定申告不要制度」が設けられています。これにより、公的年金等による収入が400万円以下で一定の要件を満たす場合には、所得税及び復興特別所得税の確定申告を行う必要がありません。この制度について紹介します。 国民健康保険は確定申告の控除対象になります。そこで気になるのが「証明書が必要なのか?」ということ。他にも国民健康保険の控除では気になるギモンがいくつもあったので、税務署に相談してみました。その時の回答をまとめたので、参考にしてみてください。 保険が安くなることもあるのです。 確定申告も、国税庁のホームページ『 確定申告書等作成コーナー 』を利用すれば、必要なデータを入力するだけでサクッと作成できます。 ・社会保険料控除(国民健康保険料,国民年金保険料,介護保険料,後期高齢者医療保険料など)を 申告する場合は,支払額がわかるもの(証明書類や領収書等) ・生命保険料控除,地震保険料控除を申告する場合は,控除証明書 保険の控除では気になるギモンがいくつもあったので、税務署に相談してみました。その時の回答をまとめたので、参考にしてみてください。 保険料を社会保険料控除として申告される方へ 確定申告に使用する1月から12月までの支払額の証明につきましては、毎年1月中旬頃に「保険料納付済額のお知らせ」を発送しておりますので、そちらをご確認ください。 確定申告をしなくていいほどの低収入であっても、 住民税の申告をしないと損をする場合があります。 その理由は次の2つです。 (1) 国民健康保険税が軽減されない. »ä»˜ã™ã‚‹å¿…要はありません。 ただし、国民年金の保険料および国民年金基金の掛金については、保険料等を支払ったことを証明する書類が必要です。 関連情報 ・「非課税証明書」を発行したい ・国民健康保険、後期高齢者医療保険を利用している ・保育園・児童手当を利用している他 一つでも該当するものがある 市・県民税申告 ※10・11ページ参照 全て該当しない いずれの申告も不要 保険の証明書は年末調整や確定申告で提出する必要はありません。 2020å¹´1月27日 年末調整や確定申告で社会保険料控除を受けるために提出する控除証明書は、社会保険料の種類によって提出しなくていいものもあります。 保険料などを全てをトータルして社会保険料控除として、確定申告を行うことにより、所得税及び住民税の減税になるわけです。 保険が増える」というリスクにつながることも。 課税証明書(非課税証明書)、所得証明書は郵送でも取れますか? 個人住民税が年金から特別徴収されていましたが、年度の途中で普通徴収に変更になった納付書が届きました。なぜですか? 個人が、その年1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や扶養親族の状況等から所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること 質問. »ä»˜ä¸è¦ã§ã™ã€‚ 確定申告の際に証明書類が必要、あるいはなくしてしまって大変と思いがちですが、実はこの書類は不要だといえます。元々は、確定申告が年1回に … 準確定申告で控除をする際には「死亡日までに支払った保険料」と「死亡時点での扶養状況」が控除の額や控除を受けられるかどうかの判断基準となります。 準確定申告での控除証明書は保険会社から取り … 介護保険料などの社会保険料支払分は、社会保険料控除として確定申告を行うことにより節税になります。年金保険料やこの介護保険料などを全てをトータルして社会保険料控除として、確定申告を行うことにより、所得税及び住民税の減税になるわけです。 年金受給者は確定申告が必要でしょうか。年金が400万円を超える場合や、アルバイトなどの収入が20万円を超える場合は、確定申告をする必要があります。確定申告すると税金が戻ってくる場合もあるので、理解しておきましょう。 配当控除を確定申告したら国民健康保険が増加?どう対応すればいい? 「上場株式等の譲渡損失があり損益通算や繰越控除を活用する」「配当控除を活用して税負担を軽減したい」という人がいますが、確定申告したばかりに「国民健康保険が増える」というリスクにつながることも。 確定申告で国民健康保険料を社会保険料控除として申告される方へ 確定申告に使用する1月から12月までの支払額の証明につきましては、毎年1月中旬頃に「保険料納付済額のお知らせ」を発送しておりますので、そちらをご確認ください。 保険控除証明書は不要ですが、 「1年間に実際にいくら支払ったか」を正確に把握しなければなりません。 2017年分以後の所得税の確定申告において、医療費控除を受ける際の提出書類が変わりました。今一度、新方式について確認しておきましょう。確定申告「医療費控除」のキホン(写真=pixta) この記事では個人事業主・フリーランスの税金の負担を下げる方法の1つ「社会保険料控除」についてわかりやすく解説しています。「国民健康保険・健康保険」と「国民年金・国民年金基金」の保険料は、支払った全額が社会保険料控除の対象となり、申告することで税金を減らせます。 公的年金等を受け取ることになった時、どんな場合に確定申告が必要になるか知りたい人は多いのではないでしょうか。特に、公的年金等とあわせて個人年金も受け取る人は、確定申告が必要かどうか、必要な場合は自分がいくら所得税を払うかについても知っておきたいでしょう。