¹é‡Žã•ã‚“と共に行方不明に…。そして徐々に壊れていくレナ…。 何故こんなにも人気なのか?「ひぐらしのなく頃に」の魅力を追究します!! 今回は「ISLAND」第3話『ただしいゆめのつむぎかた』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 夏蓮と沙羅が良い方向に変わり、今度は凛音が変わることを決意する。自分の気持ちに正直になって昼間に積極的に外に出て切那とデートをしたり、ペアグッズを身に付けたりする凛音。そして凛音は、5年前の神隠しに関係する廃屋での記憶を思い出し、過去に向き合い始めた。 ひぐらしのなく頃にネタバレおさらい では本来のひぐらしの世界についておさらいしてみましょう。まず必須知識となるのは「雛見沢症候群」というワード。「雛見沢症候群」とはその名の通り、雛見沢村の住人のみに確認される風土病。 今回は「ISLAND」第7話『ずっとすきでいたいのに』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 札なしの子どもたちの救出に向かった切那とカレン、サラ。しかし子どもたちは既に殺されおり、大司教の陰謀で3人は枢機卿を殺害したテロリストに仕立て上げられる。リンネの機転で命からがら街から逃げ出したが、運命は容赦なく4人を襲う。  ヮ | 部活で足りないコインの代わりのコスプレで耳かきを賭ける圭一。それに対する妄想を梨花に指摘されて、必死に弁解する魅音が可愛い。 みんなしてコインではなくコスプレを賭け始めたため、結局全員が罰ゲーム。 今回は「ISLAND」第4話『このせかいはひみつだらけ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 凛音は廃屋での記憶を思い出し、切那と共に過去を断ち切った。しかしそれは凛音の失った記憶の一部に過ぎず、凛音は新たな忌まわしい記憶を思い出す。一方、切那も衝撃の事実を知った。凛音は、真実を求めるために1人で嵐の海へ消えてしまう。 竜騎士07 さん、鈴羅木かりんさんらによる漫画「ひぐらしのなく頃に」の最終回について、感想や考察を含めて結末をご紹介します。ネタバレが苦手な方は注意してくださいね。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 凛音がかかっているという風土病・媒紋病(ばいもんびょう)。病気のことを調べる切那は、浦島に伝わる伝説と媒紋病の関係を知る。そして自分の失われた記憶は、伝説に関わるものではないかと考え始める。一方、凛音や沙羅、夏蓮も自らの運命に苦悩していた。 ¨ã€ã®å…¶ã®ä¸€ãŒæ”¾é€ã•ã‚Œã¾ã—た! これまでは、前作の「ひぐらしのなく頃に」を意識した対になる進行が続いていました。 2002年に大ヒットしてから未だに新作が出ることがある「ひぐらしのなく頃に」皆さんご存知ですか? 「ひぐらし・・・」を知らないヒトにはお勧めできません。というか、ひぐらしファン以外には、絶対受け入れられないでしょう。逆に、ひぐらし好きには受けるでしょうねぇ。この映画を評価できるのは、マニアだけ、ひぐらし好きにしか理解できないですよ。 離島の浦島に流れ着いた青年・切那は、「世界を救う」という使命以外の記憶を失っていた。彼は浦島御三家の一つである御原家の跡取り娘・凛音の家で使用人として働きながら、自身の記憶と世界の謎を解き明かしていく。古の伝承や風土病、本土との確執などの伏線が散りばめられたSFファンタジー。, 凛音を昼の海に連れ出す作戦を実行し、成功した切那たち。楽しい時間を過ごす4人だが、ある廃墟を見つけた時に凛音の様子がおかしくなり気を失ってしまう。媒紋病や島の伝説、失われた記憶など様々な事柄が絡まり、謎は深まるばかりだ。一方、過去から目を逸らす凛音に対して、夏蓮は自分を変えるための行動を起こす。 ¨ã€ 、今回で完結です。 ここで一度ひと区切りとなり、2クールへと … ューマーゲーム、実写劇場版が製作された。 昭和50年代の架空の村落・雛見沢村を舞台に、村にまつわる古い因習「綿流し」を軸に … 今回は「citrus」第1話『love affair! この物語は、『六軒島』という孤島で巻き起こる連続殺人を通して、その犯人が『人』なのか『魔女』なのかを、登場人物達が推理考察していくというものになっている。一見人間には不可能な犯行を、独特なルールで推理していくことができるので、数多くのミステリーファンを楽しませた。, 『うみねこのなく頃に』とは、同人サークル『07th Expansion』が発売したサウンドノベルゲームや、それを原作としたメディアミックス作品のことである。 今回は「ISLAND」第5話『だからあなたをしんじてる』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 切那と凛音が辿り着いたのは、凛音が5年前に漂流した暴龍島だった。凛音はそこで真の切那が迎えた結末と想いを知り、過去に決着を着ける。浦島に戻ろうとした2人には、明るい未来が待っているはずだった。しかし浦島に戻った切那が直面したのは、凛音の死という現実だった。 OP(オープニング):亜咲花『I Believe what you said』(第2話 -). ?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 『ISLAND』とは、フロントウイング原作のノベルゲーム『ISLAND』のTVアニメ版である。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一の周囲で不穏な事態が相次ぎ、凄惨な惨劇が繰り返されていく。, 『ひぐらしのなく頃に』とは、竜騎士07が考案した同人ゲームで、アニメ化や実写映画化など、多数のメディア展開がなされている。昭和の田舎を舞台としたミステリーで、残酷で切ない物語や惨劇に立ち向かう強さを描いたストーリーが世間では高く評価されている。意味深なセリフや、仲間との絆を感じさせるセリフが、人々の心に深く刻まれている。, 『うみねこのなく頃に』とは、同人サークル『07th Expansion』が発売したサウンドノベルゲームや、それを原作としたメディアミックス作品。 世界を支配しようと復活を目論む魔神を倒すために選ばれたのは「六花の勇者」と呼ばれる六人の勇者たち。しかし集まったのは七人だった。王道のファンタジーとミステリーを絡めた異色作。, 「citrus」は、サブロウタ原作の2018年冬アニメである。原作は『コミック百合姫』(一迅社)にて2013年1月号より連載している。 ¨ï¼ˆ22~26話)となります。「ひぐらしのなく頃に 業」の1話冒頭の圭一による魅音、レナの殺害をどう食い止めたらよかったかの解答になります。 『ひぐらしのなく頃に』(ひぐらしのなくころに)は、同人サークルである07th Expansionが製作した同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』を原作として放送されたテレビアニメである。正式なタイトル記述は原作のゲームと同様、「な」を赤文字で表記する(『ひぐらしの な く頃に』)。 ひぐらしのなく頃に 業 について各話考察/解説! 1話 【解説】圭一がレナと魅音を撲殺してしまう理由とは!バラバラ死体の真実とは?ひぐらしのなく頃にネタバレ1話 3話 【考察 ひぐらしのなく頃に業】レナも雛見沢症候群を発症! こる惨劇―――。完全新作、まだ誰も知らない雛見沢へ。 原作:竜騎士07「ひぐらしのなく頃に」新プロ … リーズ7年ぶりの新作である。序盤の展開は過去作と同じものだが、リメイクではなくリブートだと公式から発表されている。 主人公、藍原柚子と、母親の再婚相手の娘である藍原芽衣の友情・姉妹の枠を超えた絆の物語である。 今回は「ISLAND」第2話『くやまないでほしいから』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 「私には時間がないんです!」と焦る沙羅。彼女は過去に戻って火事を防ぎ、自分の「神の子」としての力を取り戻すために行動する。しかし、御原家の地下室に残されていた古文書から伽藍堂家の暗黒の歴史を知ってしまい、本殿に火をつけて心中しようとする。 今回は「ISLAND」第12話『てをつないでアシタへ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 ひぐらしのなく頃に 【ひぐらしのなく頃に】レナの過去をネタバレ!茨城の事件についても 真実が分かるまで恐怖の「ひぐらしのなく頃に」。 今回は、レナの過去や、茨城での事件についてネタバレ解説したいと思います。 今回は「ISLAND」第1話『またあえたねあなたと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 夏蓮に頼まれて夏蓮の結婚式を滅茶苦茶にすることにした切那。許婚の播守や凛音、沙羅もその計画に協力して成功し、夏蓮と切那は本土の夏蓮の母親の元に向かう。しかし見つけたのは夏蓮の母親のお墓だった。夏蓮の母親の元教え子と話をした夏蓮は、自分の決めた人生を生きる決意をする。 今回は「ISLAND」第11話『またあえたけどアナタは』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 主人公、藍原柚子は母親の再婚がきっかけで女子高に編入することとなった。 今回は「ISLAND」第8話『またあえたらあいしてね』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 切那は浦島に戻ってきて凛音や夏蓮、沙羅と改めて出会い、3人を次々と良い方向に変えていく。そして凛音の死という未来を変えるために突き進むが、切那は更なる衝撃の真実に気づく。それは、玖音が切那が愛したリンネではないか、という事実だった。 ¨ 其の参】3話の見逃し配信を無料で視聴する方法をご紹介いたします。 相変わらず本当に怖いアニメなのですが、可愛いキャラクターと独特な恐怖演出になぜか引き込まれて … その日、新しい家族として芽衣が迎え入れられ、二人の共同生活が始まる。 今回は「NEVER ISLAND」第9話『マタアエタナオマエト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, アニメ・漫画の実写化というと、どうしてでしょう?なにか嫌な予感しかしないのは…。しかしそれでも、いつかはと、人はアニメ・漫画の実写化で爆発的な人気を出そうとしているのです。諦めていないのです。けれども結局は、「人は過ちを繰り返す」とは言ったものですね。今回はそんな実写化して完全に爆死(不評・批評)の嵐にあった作品と、その予定作をまとめました。, BPO(放送倫理機構)様の御目がある中でも、ちょくちょくOKをもらって放送されているグロアニメ。原作はもちろん、そのグロさや恐怖さはとんでもないですが、アニメではいろいろ調整もあって別の意味での恐ろしさに変わっているのです。今回はそんな恐怖蔓延のアニメをまとめましたので、ご紹介いたします。※もし気になる方は、ぜひご自身の御目でご確認ください。(ちなみに「まど☆マギ」は入れてませんw違うでしょ), 一時期は社会現象にもなった「ひぐらしのなく頃に」。根強いファンがたくさんいるだけでなく、様々なグッズやゲームが今でも数多く制作・販売されています。しかしながらその一方で、今では完全に日陰に位置してしまっている「ひぐらしのなく頃に」ですが、その展開されているゲームがどれもとても面白い神ゲーなのです。今回はそんなあまり知られていないものをまとめました。. 『ひぐらしのなく頃に業』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。2006年から断続的にアニメ化されてきた同シリーズ7年ぶりの新作である。序盤の展開は過去作と同じものだが、リメイクではなくリブートだと公式から発表されている。雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと共に平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一に、レナら村人たちは不穏な一面をさらけ出していく。, 『ひぐらしのなく頃に業』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。同シリーズは2002年に同人サークル「07thExpansion」が発表したノベルゲームから出発し、ほのぼのした日常から唐突に展開する猟奇的な事件、魅力的なキャラクターと謎めいた物語が話題を呼んでファンが激増。マンガ、アニメ、小説、実写ドラマ、実写映画、演奏会と多岐に渡るメディアミックスを果たし、2000年代後半から2010年代前半にかけて絶大な人気を獲得した。アニメは2006年に『ひぐらしのなく頃に』、2007年に『ひぐらしのなく頃に解』がテレビで放送され、2009年から2013年にかけてはOVA『ひぐらしのなく頃に礼』、『ひぐらしのなく頃に煌』、『ひぐらしのなく頃に拡』が制作。本作は7年ぶりの新作テレビアニメとなる。, ひぐらしのなく頃に(Higurashi When They Cry)のネタバレ解説まとめ | RENOTE [リノート], 『ひぐらしのなく頃に』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。原作はビジュアルノベルで、2006年から断続的にアニメ化された。小説や実写映画なども制作され、2000年代後半から2010年代前半を代表する人気作品となった。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一の周囲で不穏な事態が相次ぎ、凄惨な惨劇が繰り返されていく。, 昭和後期。雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナ、園崎魅音、北条沙都子、古手梨花らと共にのどかで平和な田舎暮らしを楽しんでいた。しかしある時、フリーカメラマンの富竹ジロウという男から、村でかつて起きたバラバラ殺人事件についての話を聞く。気になって事件のことを調べ始めた圭一に対し、レナや魅音を含む村人たちは次第に不穏な一面をさらけ出していく。一方、どことも知れぬ空間で、“成長した姿の梨花”が羽入という人外の存在と対面し、「私は全てを理解している」と不可思議な言葉を口にする。その梨花は、現在の雛見沢村では当時のままの幼い姿で、しかしほのかに赤い光を宿す異様な眼差しで圭一たちを見守るのだった。2020年7月に放送予定だったが、COVID-19により製作が遅れ2020年10月からのスタートとなる。序盤の展開は過去作と同じものだが、公式からは「リメイクではなくリブート」だと発表されている。キャラクターデザインこそ変更になったものの、声優陣は続投し、それぞれが変わらぬ演技を見せたことにファンからは喜びの声が上がった。, 教室に向かう圭一(右)、レナ(中)、魅音(左)。魅音は学年が上だが、生徒数が少ないため全員同じ教室で授業を受けている。, 昭和58年6月。前原圭一は、都会生まれの高校生。最近雛見沢村に家族と共に引っ越してきた彼は、田舎暮らしにもすぐに慣れ、同じ学校に通う同級生の竜宮レナ、上級生の園崎魅音、年下の北条沙都子、古手梨花ら部活仲間と共にのどかで平和な日々を送っていた。そんなある日、圭一はレナにゴミの不法投棄場へと誘われる。ここで都会から運ばれてきた“かぁいいもの”こと、自身の琴線に触れる品を探すのがレナの密かな趣味だった。夢中でゴミの山を探索するレナを圭一が眺めていると、村で見たことのない男に話しかけられる。男は富竹ジロウと名乗り、たびたび村を訪れては自然や野鳥を撮影しているフリーのカメラマンだと自分のことを説明する。レナのゴミ漁りに目を向けた富竹から「彼女は何をしているのか」と問われた圭一は、冗談のつもりでバラバラ死体でも確認しているんじゃないかと答える。それを聞いた富竹は、不意に真顔になって意外なことを口にする。「嫌な事件だったね。腕がまだ一本見つかってないんだろ?」当たり前のようなその口調に圭一が驚き、詳しく聞こうとしたところで、レナがゴミ漁りを終えて戻って来る。二人の仲良さげな様子から親しい間柄だと思い込んだ富竹は、邪魔はするまいと笑顔で去っていった。富竹から話を聞きそびれた圭一は、かぁいいもの(等身大ケンタ人形)を見つけたと喜ぶレナに事件について尋ねる。しかしレナは異様に冷たい声色で「知らない」と口にして、自分も去年までは違うところに住んでいたから昔のことは分からないと笑顔で言葉を続けるのだった。翌日、魅音と一緒に下校していた圭一は、彼女に改めて村の過去について尋ねる。魅音が言うには、雛見沢村にはダム建設の話が持ち込まれたことがあり、村人が一丸となってそれに抗議。有力者たちが中心となって方々に根回しを行い、計画は撤回されたらしい。一筋縄ではいかないと悟った役人たちは嫌がらせじみたこともしてきたと聞いて、圭一が「傷害や殺人は無かったのか」と問いかけると、魅音は昨日のレナと同様に氷のような声色で「無かった」と断言。ぎょっとする圭一にいつもの明るい調子で「また明日」と告げ、彼の前から去っていく。二日後、圭一はまたあのゴミの不法投棄場へと向かう。レナがケンタ人形をなんとか自宅に運ぼうとしているのを察して手伝いに来たのだ。なんとかケンタ人形を掘り起こそうとする二人だが、廃材の下敷きになっていて手が出せない。一休みしながら「斧かノコギリでもないと無理だ」と圭一が言い放ったところで、レナが飲み物を取って来ると告げて不法投棄場を後にする。その間手持ち無沙汰になってふと横を見た圭一は、少し先のゴミの山の中に古い雑誌が落ちているのを発見。何気なく手に取ったそれには、「雛見沢村で発生したバラバラ殺人事件」の記事が載っていた。やはり事件は本当にあったのかと、夢中で記事を読みふける圭一。そんな彼を、大きな鉈を手にしたレナが、なんの表情も浮かんでいない顔で見詰めていた。, 梨花は無数の光の欠片が舞い散る不可思議な世界で、“成長した姿”で目覚める。目の前に現れた、頭に角を持つ少女を羽入と呼んで懐かしがる梨花は、彼女に「この“カケラ”はどこに通じているのか」と問いかける。昭和58年6月だと告げられ、「百年では足らなかったのか」と焦燥に声を荒げるも気を取り直し、梨花は「自分はもうただ幸運にすがっていた頃の自分ではない。全てを理解し、誰が古手梨花を殺すのかも知っている」と言い切って立ち上がる。場面が雛見沢村の不法投棄場に戻ると、本来の姿をした梨花が、雑誌を読みふける圭一と鉈を手に彼に迫るレナをほのかに赤く輝く異様な眼差しで静かに見守っていたのだった。雑誌の記事によれば、雛見沢村で起きた殺人事件の遺体は鉈やツルハシで滅多打ちにした上で斧でバラバラにされた凄惨なものだったという。読書に夢中だった圭一は、鉈を持って近づいてきたレナに驚くが、彼女はそれを「斧かノコギリが必要だと言っていたから」持参したのだという。圭一はその説明に納得して感謝するも、すっかり日が暮れてしまっており、ケンタ人形の回収は翌日に持ち越されることとなった。レナとケンタ人形を回収する約束をした日、学校では体育の授業があった。子供の少ない田舎の学校で、様々な学年の生徒が一緒に勉強していることもあり、各自が自分の判断で体を動かせばそれでいいのだという。魅音の発案で、圭一たちは鬼ごっこをすることとなる。誰かを捕まえても鬼役は渡せず、ただ新たに鬼役が増えていく変則鬼ごっこである。圭一は鬼となった沙都子からうまく逃げ隠れ続けるが、らちが明かないと判断した彼女は学校の他の生徒に圭一たちがどこにいるか(隠れているか)聞くという手段に出る。そちらがそう来るならと、圭一は「沙都子の両親が校門に来ている」やら「先生が校門で魅音を呼んでいる」といった偽情報を流しまくった。その魅音も似たようなことをして誰の話も信用できなくなってしまい、結局ただの鬼ごっこが続く。結局圭一の仏心に訴えたレナと、鬼に捕まったふりをしていた魅音の二人が最後まで逃げ切ることに成功するのだった。放課後、約束通り圭一はレナと共にケンタ人形を回収に向かう。廃材を取り除こうとレナから借りた鉈を振るう内、圭一の脳内に“自身が誰かを金属バットで撲殺する”光景が映る。記憶にないはずなのに異様に生々しかったそれに困惑しつつ、圭一はレナと協力して掘り出したケンタ人形を彼女の自宅へと運ぶ。数日後、雛見沢村では綿流し祭りが催された。圭一たち部活仲間は屋台の店を大いに楽しみ、巫女役である梨花の奉納の舞を見届ける。その頃、自身も祭りに参加していた富竹は、彼が雛見沢村を訪れる本当の理由とも噂される女性と密会していた。, 別人かと思うほどの異様な気配を放ちながら、圭一が隠し事をしていることを糾弾するレナ。, レナにやり方を教えてもらいながら祭事に参加した圭一は、富竹が村の診療所の女性と密会しているところを目撃する。魅音から二人が付き合っているという噂を聞いていたこともあり、邪魔をしては悪いと考えた圭一は彼らに声をかけることなく立ち去る。その様子を、レナは木陰から暗い眼差しで見詰めていた。その翌日、大石 蔵人という男が学校まで圭一を訪ねてくる。彼は自分が刑事であることを明かすと、圭一に富竹の写真を見せてくる。大石が言うには、富竹、そして彼と一緒にいた女性が行方不明になっているのだという。続けて大石は「雛見沢村の人々はオヤシロ様の祟りを恐れている」と言い出し、そのきっかけとなった四年前のバラバラ殺人事件について語り始める。ダム建設の現場監督が六人の作業員に撲殺され、遺体はバラバラに切断。犯人の内五人は逮捕されたものの、主犯と遺体の右腕は未だに見つかっていない。それから毎年、綿流しの祭りの日には殺人事件が起きているのだという。雛見沢村の人々はこれを「オヤシロ様の祟り」だと恐れ、事件に関わること(=警察への協力)を渋っている。そのため捜査は遅々として進んでいないのだ。富竹の自転車と、密会相手の女性鷹野の車は付近で見つかっているものの、このまま見つからなければ二人も「オヤシロ様の祟り」に遭ったことにされてしまう。大石はそうなってこの事件まで迷宮入りすることを避けるべく、村の風習とはまだ関わりのない圭一に「気が付いたことがあれば教えてほしい」と協力を求めに来たのだった。綿流しの際レナに教えてもらった古手神社の祭神の名前が“オヤシロ様”だったことを思い出しながら、圭一はそれを了承。雛見沢村は住人同士の結びつきが強いため、誰の口から話が広まるか分からない。だから友人であっても他言無用だと釘を刺して、大石は引き上げていった。翌日、圭一はレナと魅音が綿流し祭の日に失踪者が出たことについて、「鬼隠しに遭ったのでは」と噂していることに気づく。放課後にまたやってきた大石にその意味を知らないかと尋ねると、彼は雛見沢村には人食い鬼の伝承があることを教える。ここ数年の事件では必ず死者と行方不明者が一人ずつ出ており、今年も鬼隠しが起きるのなら殺人事件が起きるのはむしろこれからだと、大石は圭一に告げる。翌日、下校中に圭一は「自分に何か隠していることがあるのではないか」とレナを問い質す。鬼隠しとここ数日の不穏な行動について突き止めようとしたのだ。しかし、レナは逆に「圭一くんこそ私たちに隠していることがあるよね」と質問を返し、彼が自分たちに隠れて大石と会っていたことを言及する。秘密にしろと言われていたことを思い出し、慌てて誤魔化そうとする圭一。しかしレナは追及を緩めず、なおも取り繕う圭一の言葉を「嘘だ」と痛罵する。「人って幸せになるために、どれだけの努力が許されるのかな。レナすごい頑張ったよ?すごいすごい頑張り物語だったよ?」普段とはまるで異なる冷たく鋭く、どこか狂気をも感じさせるその言動に圭一が呆然と立ち尽くしていると、レナは不意に元の口調に戻り「圭一くんに隠し事があるように、レナにだってあるんだよ」と笑みを浮かべながら去っていった。その日の夜、前原家にかかってきた大石からの電話に、圭一は自室で応対する。大石は鬼隠しの話を聞いた時に圭一が名前を出したレナについて調べてみたと言い、彼女がかつて学校中のガラスを割って回るという事件を起こしていたことを伝えてくる。自律神経失調症と診断され不起訴になるも、カウンセリングを受ける中でレナは繰り返し「オヤシロ様」の名を口にしていたという。なぜレナが古手神社の祭神を知っているのかと首をかしげる圭一に、大石は意外な事実を告げる。レナはもともと雛見沢村の出身で、一度茨城に越して去年また故郷に戻ってきたというのだ。レナ本人の説明とは食い違う内容に混乱する圭一。そこに父親の伊知郎がやってきて、圭一は大石との話をそこで打ち切る。何をしに来たのかと問う圭一に、伊知郎は冷やかすような口調でこう言うのだった。「誤魔化さなくてもいいぞ。来てるんだろ、レナちゃん」大石からの電話があった少し後、レナが圭一の家にやってきたらしい。彼女は圭一の部屋が二階の奥にあることを伊知郎から教えられ、そのまま階段を上がっていったということだった。つまりレナは「圭一が自分に隠し事をしていた」証拠を目の当たりにし、「自分の隠し事を圭一に知られた」ことを理解し、その上で圭一に会わずに去っていったのだ。ここ数日の彼女の不審な行動を思い返し、圭一は部屋の中で一人戦慄する。, 「レナが自分を殺しに来るのではないか」という想像が頭から離れない圭一は、眠れぬまま一夜を過ごす。翌日、圭一はレナと会いたくない一心で仮病を使って学校を休むことを母の藍子に伝える。藍子はそれを了承するものの、ちゃんと病院に行くよう圭一に師事するのだった。言われた通り、雛見沢村にある入江診療所に向かった圭一だが、そこには見知らぬ男たちが大量の段ボール箱と共に出入りしていた。彼らが言うには病院は改装中であり、診療を希望するなら他の病院に行ってほしいとのこと。入江診療所以外に雛見沢村の病院を知らない圭一は、仕方なく遅刻の形で学校に向かう。学校では、レナたちがいつもの調子で圭一に接してくる。これまでの出来事から、レナに対してはどうしても身構えてしまう圭一だったが、唐突に梨花に呼び出される。二人だけで話がしたかったという梨花は、圭一に「何か心配なことがあるのではないか」と尋ねる。若干の迷いを経てここ数日のレナの不審な行動について説明すると、梨花は「圭一の方こそ、レナを嫌な想いにさせるようなことを言ったのではないか」と指摘する。「もし圭一が、レナを何か恐ろしいものに感じたとしたら、疑うのはレナではなく自分自身なのですよ」梨花にそう言われて、圭一はレナが不審な行動をした時、その直前に自分が彼女に無神経な言葉を口にしていたことに気付く。レナだって人間なのだから、それで不機嫌になって少しイジワルなことを言い返しただけなのではないか。そう考えるとレナを疑っていたのがバカらしく思えてきて、圭一は相談に乗ってくれた梨花に感謝する。その日、圭一が帰宅した時には両親は家を留守にしていた。仕事の都合で東京に向かったとのことで、戻るのは翌日の夜になるという。電話でその報告を受けて圭一は、藍子からさらに「今日の夕飯はレナに頼んだ」と告げられる。梨花に相談して疑心は拭えたはずがレナへの恐怖が蘇り、ちょうどそのタイミングで彼女が圭一の家を訪れる。レナは友達で、自分を殺そうとしているなんてありえない。必死で恐怖を抑え込み、圭一はレナを家に迎え入れる。いつも通りの彼女の様子に、圭一はやはり自分が疑心暗鬼に陥っていただけなのだと安堵する。改めてレナを傷つけるようなことを言った件を謝罪しようとする圭一。しかし、その彼の前でレナは突如異常な行動を見せ始める。血が出るほどに首を掻きむしりながら、「圭一くんを殺して自分が消える、そうすればお父さんは静かに暮らせる。これが今年のオヤシロ様の祟りなんだ」と口にして、包丁を手に襲い掛かるレナ。滅多刺しにされながら、圭一は必死で近くにあった置時計でレナを殴打。二人は血だまりの中に倒れ伏す。その後圭一は病院で目覚める。自分が生きていたことが信じられない圭一だったが、それよりもなおレナがどうして自分を襲ったのかが理解できない。両親や様子を見に来たのだろう大石からは、まずは体を休めて回復に専念するように告げられる。数日後、見舞いに来た魅音から、圭一は「レナは助からなかった」こと、さらに圭一とレナが殺し合ったその翌日に梨花と沙都子も首を何度も刺された惨殺体で発見されたことを教えられる。次々に起こる異常な事態に頭が追い付かず、混乱する圭一。魅音は引き上げ、入れ替わるように看護婦が定期健診にやって来る。病室に二人きりになった後、看護婦は圭一に「首が痒くなったりはしないか」と奇妙な質問をする。襲い掛かってきた時、レナも自身の首を掻きむしっていた。それを思い出し、圭一は自分の首筋に触れる。果たして何があったのか、その後に圭一の断末魔の叫びだけが響き渡るのだった。, ファミレス「Angel Mort」で、自らを“詩音”だと名乗る魅音そっくりの少女と出会う圭一。, 6月12日、圭一は魅音に呼び出される。向かった先の玩具屋ではボードゲームの大会が開かれており、圭一も部活の仲間たちと共にそこに強制参加することとなる。5人はそろって勝ち進むものの、魅音が「バイトの時間が迫っている」とのことで、大会はそこでお開きとなる。その際、大会を盛り上げてくれたお礼にと店主がくれた人形を、圭一は梨花の勧めで「自分には合わないから」と魅音に手渡した。翌13日、伊知郎に連れられてAngel Martというファミレスを訪れた圭一は、そこでウェイトレス姿の魅音と出会う。偶然の遭遇に二人は驚くが、その魅音は「自分は魅音ではなく、その双子の妹である詩音だ」と名乗る。その翌日の14日。圭一は昼飯を兼ねた調理実習で大失敗し、空腹を抱えたまま下校した。心配してついてきたレナと魅音に飢えを訴えつつ、圭一は詩音に会ったことを話題に上らせる。魅音と違ってかわいい女の子だったと詩音を褒めると、魅音はまるで我がことのように恥ずかしがるのだった。その後、圭一の自宅に詩音が現れ、「魅音から事情は聞いた」と言って重箱入りの弁当を差し出す。この間魅音がもらった人形のお礼でもあるらしく、重箱は姉に返しておいてほしいと言い残して彼女は去っていく。弁当を堪能した圭一は、翌日学校で魅音に重箱を返却する。きょとんとしているレナたちに圭一が昨日の一件を説明すると、彼の食べ方が綺麗なことや重箱を洗って返すことなど意外な育ちの良さに話題が移り、「人は見かけによらない」という話が持ち上がる。レナから「沙都子が少し前までかなりの甘えん坊だった」ことを教えられ、そういう彼女や魅音にも自分の知らない一面があるのだろうかと、圭一は物思いに耽る。放課後、圭一は再びAngel Mortを訪れる。しかし自転車を停めた際に隣のバイクを将棋倒しにしてしまい、その持ち主である不良に絡まれる。そこに魅音が現れ、圭一から離れるように言って不良たちに凄む。すると彼女を守るように周囲の大人たちが集まり、不良たちを包囲するのだった。, そこに今度は警察が現れ、不良たちを連れていく。雛見沢村では、かつてダム闘争が起きた時から、何かトラブルがあれば住人たちが結束して事に当たる伝統があるのだという。圭一が助けてくれた魅音に礼を言うと、彼女は今度自分が危ない時に助けてくれればいいと答える。翌日、新作スイーツの試食のバイトを引き受けた圭一がAngel Martに向かうと、魅音が迷惑な客に絡まれて困っていた。圭一がそこに割って入って彼女を守ると、魅音はいたく感激し、バイトが終わったら付き合ってほしいと言い出す。それを承諾し、魅音と一緒に街を散策していた圭一が玩具屋に入ると、驚いたことにそこにも魅音がいた。圭一が今まで話をしていたのは詩音だったのだ。詩音はここ数日のやり取りで圭一に好意を抱いたらしく、弁当を届けたのも本当は自分だと言い出すも、魅音は魅音で「あれは私が」と小さく言葉を漏らす。ここ数日で会っていた魅音(詩音)が本当はどちらだったのか分からず、圭一は呆けた顔を浮かべる。年に一度の綿流し祭が迫り、祭会場の設営を手伝っていた圭一は、そこでフリーカメラマンの富竹、村の診療所で働く鷹野という一組の男女と出会う。綿流し祭の準備が順調に進む中、鷹野は「今年は誰が死に、誰が消えるのかしら」と意味深なことを言い出す。富竹たちが言うには、四年前にダム建設現場で現場監督が殺されて以来、雛見沢村では綿流し祭の日に決まって一人が死に、一人が行方不明になっているのだという。村人はこれを神社の祭神であるオヤシロ様の祟りだとして恐れているが、鷹野は人間の仕業だと推理していた。なぜなら、「一人が死に、一人が行方不明」という犠牲者の数自体、雛見沢村に伝わる人身御供の伝説になぞらえたものである可能性があるからだ。この村のどこかにこれまでの事件の真犯人がいるという話に、圭一は戦慄するのだった。そしてやってきた綿流し祭の日。部の仲間と共に祭を楽しんでいた圭一は、詩音に誘われて会場を抜け出す。神社の娘である梨花は祭で神楽を舞う予定になっており、それを見るためのベストスポットに案内するという話だった。しかし、向かった先には神社の祭具殿に富竹と鷹野が忍び込もうとしている姿があった。話が違うと食って掛かる圭一、笑って誤魔化そうとする詩音。そんなやり取りをしている内に富竹たちに見つかってしまった二人は、彼から「一緒に祭具殿に入らないか」と提案される。この祭具殿は聖域であり、誰も立ち入れないことになっている。だからこそここ数年連続している事件の手掛かりがあるのではないか。鷹野はそう考えているらしく、富竹を誘ったとのことだった。聖域という言葉に若干ひるむも、圭一と詩音は鷹野と共に祭具殿に入ることを承諾する。, 『ひぐらしのなく頃に』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。原作はビジュアルノベルで、2006年から断続的にアニメ化された。小説や実写映画なども制作され、2000年代後半から2010年代前半を代表する人気作品となった。 登校初日から校則違反が目立ったため、生徒会長の藍原芽衣に目を付けられる。 絵だけを見ればただの萌えアニメに見えますが… 同性愛(いわゆる「百合」)を描いた作品である。キスシーンなど、情熱的なシーンが多い。 ひぐらしのなく頃に拡~アウトブレイク~ Bパート AパートあったけどBパートなかったのでうp 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。, 離島の浦島に流れ着いた青年・切那は、「世界を救う」という使命以外の記憶を失っていた。彼は浦島御三家の一つである御原家の跡取り娘・凛音の家で使用人として働くことになる。凛音と切那は昔会ったことがあるようだが、凛音も5年前以前の記憶を失くしていた。二人の出会いにより、失くした記憶の謎が深まる。 ¨ã«ãªã£ã¦åˆã‚ã¦æƒ¨åŠ‡ãŒå›žé¿ã•ã‚Œã‚‹ã‚¹ãƒˆãƒ¼ãƒªãƒ¼ãŒæç¤º って、それはないでしょう!, 少女歌劇レヴュースタァライト. 今回は「NEVER ISLAND」第10話『モウクヤミタクナイカラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 ピュアな柚子が懸命にクールで寡黙な芽衣の気持ちを理解し、自分の気持ちを伝えようと歩み寄ろうとする。, 『ひなこのーと(Hinako Note)』とは、三月による4コマ漫画。またそれを原作として2017年4月から6月まで、全12話にわたって放送されたアニメ作品のことである。漫画は4コマ漫画専門雑誌『コミックキューン』にて連載中。少女たちの同居生活や学生生活、また演劇に向き合う姿を可愛らしいタッチで描いている。アニメのキャッチコピーは『元かかし少女の演劇コメディ!』, 「玖音はリンネなのか?」と切那は疑問を抱き、玖音が指輪をしていたかどうか、そして、玖音の過去を調べる。そして先代の御原家当主・典正の日記を読んだ切那は、衝撃的な真実を知ってしまう。時を超えた伝承のリンネとセツナの物語。伝承の本当のエンディングが今明かされる。 この物語は、孤島で起きた連続殺人事件の真相が人の手によるものなのか、はたまた魔女の仕業なのかを焦点に話が進む。うみねこの世界では「魔法」と「愛」が密接に関わりあっている。現実世界において、本当の魔法とは何か、愛とは何かを問いかける数々のセリフが、読者や視聴者の心を惹きつけた。, 「六花の勇者」とは2015年7月から9月まで放送された日本のテレビアニメ作品。アニメ制作会社のパッショーネが製作した。全12話。原作は同名の小説で著者は山形石雄。 今回は「ISLAND」第6話『そこにあなたがいればいい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 2万年後の世界で目覚めた切那が出会ったのは、地下シェルター『アイランド』に住む少女・リンネだった。再び記憶を失った切那は、リンネに助けられて生活していた。そんなある日、枢機卿の娘・サラと札なし(無戸籍)の子どもたちのリーダー・カレンと偶然知り合ったことで、アイランドを取り囲む真実を2人は知る。 下記新作のネタバレを含む考察メモです。 。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。・゚・。 ひぐらしのなく頃に業で黒幕の最終目的はなにかこれまでいろいろ考えてひぐらしのなく頃に業を楽しんできた私ですが、もう一度、改めて考えをこの記事でまとめていきたいと思います。