クエンティン・タランティーノ監督作『パルプ・フィクション』(1994)はアカデミー脚本賞を受賞するなど傑作として多くの人から親しまれている作品です。今回は『パルプ・フィクション』ファン必見のトリビア20選を紹介します。, クエンティン・タランティーノが1994年に発表した『パルプ・フィクション』は、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞するなど高く評価されている作品で、タランティーノ最高傑作だと言う人も多いです。 ちなみに、タランティーノはジミー役とランス役のどちらかで悩んでいたものの、ランス役だとミアのオーバードーズシーンのディレクションが出来ないことを理由にジミーを選択したと言われています。, ジョン・トラヴォルタはヴィンセント・ベガの役作りのために元ヘロイン中毒のタランティーノの友人にアドバイスを求めていました。 パルプ・フィクション. しかしその代表作は1994年製作の『パルプ・フィクション』だと答える人は世界中に数多くいるはずです。 今回は公開から四半世紀が過ぎても色あせることのないこの伝説的な映画について大いに語りましょう。 監督デビュー作『レザボア・ドッグス』で注目を浴びたクエンティン・タランティーノの2作目が本作『パルプ・フィクション』です。この作品でタランティーノは一躍時代の寵児としてメディアにもてはやされ、映画史的にも決定的な足跡を残しました。 しかしマット・ディロンはすぐにOKを出さず検討する時間を要求。その間にブルース・ウィリスが出演を熱望したため、結局ウィリスがブッチを演じることになったと言われています。, ボクシングのビッグマッチが行われる劇場のネオンサインに“クーリッジvsウィルソン”と書かれていましたが、これはアメリカ大統領選を戦った“カルビン・クーリッジ”と“ウッドロー・ウィルソン”が由来です。 その後、似たような構成の映画は“パルプ・フィクション的”と言われることもあり、作り手にとってもバイブル的な映画となっている。 登場人物たちは他愛ない会話をしている。 Copyright © 2013 パスワードは一万年愛す All Rights Reserved. アメリカ 戦後復興を経て、日本の次代の夢がひらく 1970年、日本万国博覧会が開かれた... ネットを信じることは、救われないと同義か  現在、巨大IT企業はいうに及ばず... 広告が時代を超越して文化となる 80年代(昭和後期)、広告が華麗に花ひらく ... ミニスカートは、時代も流行も超えた! それは、60年頃のロンドンのストリート... ペンギンカフェという異端の雑貨店  前回、80年代の雑貨店について書きました... 2046、それは豊穣なる情動が溢れるかの如く 1960年代の香港を舞台とした... 「傷だらけの天使」、修と亨は時代を駆け抜けた。そして、それは伝説となった! ... ■80年代|80年代を駆け抜けた広告たち 広告クリエイターが一躍時代の寵児となった. また、当初本作出演に乗り気ではなかったユマ・サーマンのために、タランティーノは電話越しに脚本を読んで説得したと言われています。, ジュールス・ウィンフィールドはタランティーノがサミュエル・L・ジャクソンをイメージして生みだしたキャラクターだったのにもかかわらず、サミュエルはオーディションを受けることになったそうです。さらにオーディションのパフォーマンスが不評で役を失う可能性さえありました。 その友人はドラッグと似た症状を味わうには、熱い風呂の中でテキーラを浴びるほど飲むことだとトラボルタにアドバイスしたそうです。, 作中でヴィンセントが運転していた1964年製シボレー・マリブのオーナーはクエンティン・タランティーノですが、本作の撮影セットからこの車が盗まれるアクシデントに見舞われていたそうです(写真は1965年型)。 このバーガーショップの商品が『パルプ・フィクション』の他にも『レザボア・ドッグス』『デス・プルーフ』などタランティーノ作品に度々登場しています。, 本作のオリジナルポスターは訴訟問題を抱えてリコールされていました。ユマ・サーマンの周りにラッキーストライクのタバコや小説が散りばめられていたことが問題だったようです。 死体処理をジュールスのダチの家で行った後、向かったレストランで強盗に出くわす。 若者に至近距離で銃撃されたのにも関わらず、1発も当たらなかったことに神の奇跡を感じていたジュールスは、慈悲の心で強盗を逃す。 ©映画「パルプフィクション」 パルプ・フィクション 劇場公開日 1994年10月8日午前十時の映画祭で鑑賞マフィアの殺し屋、ビンセントとジュールスは裏切り者の始末へ。ボクサーのブッチはマ… 初見ではなかなか混乱しますが、この先に起きる出来事を考えると、 ジュールスの考えが不思議に意味を帯びているようにも思うのです。 ま、考え過ぎで、何にも帯びてないとも言えますけどね。 なんたって、「パルプ・フィクション」なんですから。 一言でいえばクールな映画、それがパルプフィクション「レザボアドッグス」で一躍脚光を浴びたクエンティン・タランティーノ監督が、その本領を思う存分に発揮したのが、「パルプフィクション」であった。 パルプフィクションとは、パルプマガジン(20世紀 また小さな文字で書かれた“フォスラーvsマルティネス”はビデオショップの店員だった時代のタランティーノの同僚ラッセル・フォスラーとジェリー・マルティネスへのオマージュになっています。, “ボニーの一件”のあるシーンでタランティーノがジミー役としてカメオ出演していましたが、この時カメラの後ろで監督をしていたのは『デスペラード』などで知られるロバート・ロドリゲスだったそうです。 これは、後にタランティーノ自身が映画化した『キル・ビル』のキャラクターたちのことではないかと言われています。実際、この映画にはミアを演じたユマ・サーマンが主演し、彼女は映画の冒頭でナイフ戦を繰り広げています。, 元々、タランティーノは『クラッシュ』などで知られるマット・ディロンにボクサーのブッチ・クリッジ役のオファーを出していたそうです。 パルプ・フィクション 4. ブッチが歩いて家へと向かう途中、ラジオで優勝トロフィーが盗まれたというニュースが流れていました。, ジュールスが読み上げる聖書の文章は一部本物ですが、それ以外はタランティーノとサミュエル・L・ジャクソンが考えたオリジナルの節です。, 本作にオーバードーズで倒れたミアの胸に直接アドレナリンを打ち込む有名なシーンがありますが、この場面はあるトリックを使って撮影していました。 写真提供:アマナイメージズ 【公開】 1994年(アメリカ映画) 【監督】 クエンティン・タランティーノ 【キャスト】 ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン、ハーベイ・カイテル、ティム・ロス、アマンダ・プラマー、マリア・デ・メディロス、ブルース・ウィリス 【作品概要】 クエンティン・タランティーノ監督の代表作のひとつ。バイオレンス・アクション映画『パルプ・フィクション』 1994年の … 映画パルプフィクションをモチーフにしたtシャツです。 人を殺す際に聖書の一説を読み上げる殺し屋ジュールス・ウィンフィールドと、聖書のエゼキセル書25章17節をモチーフに、銅版画の宗教画風にデザ … 青春スターとして大人気になりますが、その後不遇の時代が続きます。なかなか作品に恵まれないまま、長い年月が過ぎました。 そして、映画『パルプ・フィクション』で、長い黒髪のギャングとして登場したのは、40歳になったジョン・トラボルタ。 (画像出典:https://gqjapan.jp/culture/movie/20150915/pulp-fiction-cast-wish-list) それでは、パルプ・フィクションのあらすじをご紹介します。 ネタバレなしとネタバレありに分かれています。 映画を観るまで結末を知りたくない方は、ネタバレなしをご覧ください。 販売価格 12,000円(税込) 154分, ©Alessia Paradisi/ABACAUSA.COM/Newscom/Zeta Image, ciatr編集部です!映画、ドラマ、アニメなどのエンタメ情報を毎日配信しています。マニアックな趣味を持ったメンバーで構成されています。. クエンティン・タランティーノ監督作『パルプ・フィクション』(1994)はアカデミー脚本賞を受賞するなど傑作として多くの人から親しまれている作品です。今回は『パルプ・フィクション』ファン必見のトリビア20選を紹介します。 タランティーノ作品を観たことない人はまずこの作品で入門してみましょう!, 本作のクレジット、ダイナーのマネージャーを演じたロバート・ルースの役名が“コーヒー・ショップ”と書かれていました。これは作中のあるやりとりが由来です。 ちなみにその短編ではアンジェラの職業は犯罪現場の清掃員でした。, フランク・ウォーリー演じるブレットが食べていたハンバーガーは“Big Kahuna Burger”という実在しないハンバーガーチェーン店のもの。 1994年に公開された『パルプ・フィクション』は、同年のアカデミー賞に7部門でノミネートされ、そのうち脚本賞を受賞しました。 また、カンヌ国際映画祭では、最高賞パルム・ドールを受賞、その他の映画祭でも数多くの賞を獲得。 「レザボアドッグス」で一躍脚光を浴びたクエンティン・タランティーノ監督が、その本領を思う存分に発揮したのが、「パルプフィクション」であった。, パルプフィクションとは、パルプマガジン(20世紀初頭から1950年代まで出版されていた)に掲載された作品のことを意味している。ちなみにパルプマガジンとは、安物の紙に刷られた安価な雑誌の総称である。, そこに掲載された作品の多くは、通俗的であり、くだらない話とされていた。しかし、一方では大衆文化の一翼を担っていたのは言うまでもない。, 現在では、有名となった作家も、かつてはパルプマガジンに多くの作品を掲載していた。探偵小説のダシール・ハメット、レイモンド・チャンドラー、SF小説に新たな世界観を創出したフィリップ・K・ディックなどもそうである。, 映画「パルプフィクション」は、パルプマガジンに掲載された作品が持っていた通俗的であるが故の魅力に対して、敬愛の念を捧げた作品といえるだろう。, なぜなら、この映画では細部へのこだわりが随所に見られるからだ。タランティーノ監督は、この作品をまるで愛おしむかのように丁寧に、ときに大胆にストーリーと映像を紡いでいる。その結果、実に粋で格好いい作品となっている。, 「パルプフィクション」を端的にいえば、それはクール(格好いい)な映画といえるだろう。テーマは、タイトルの通り(くだらない話)であり、けっして社会派の映画ではないが、こっそりとアメリカの裏側にあるタブーを描いている。, 映画のストーリーは、マフィアの商売に絡んだ日常が綴られていく。しかし、そこにある日常は、くだらない=パルプフィクションどころか、アメリカにある真実の姿を映しているからに他ならない。, パルプフイクションとは、単に荒唐無稽な話ではなく、それは反対の意味であり、アメリカの姿を皮肉っているように思える。, しかし、タランティーノ監督は、社会派映画ではなく、あくまでエンターティメントとして、ユーモアも交えて描いていく。そのあたりが実にクールとしか言いようがない。その才能と卓越したセンスには脱帽するしかない。, なお、上記および以下に書く内容は、あくまで個人的見解であり、職業批評家の見解とは相違があることをお断りしておきます。, クールの意味性=冷静であるさま。物事に感情が動かされないさま。俗語として、「かっこいい」という意味で使われる。, 「パルプフィクション」は、時間軸通りには進んでいかない。登場人物と出来事が交差して、シャッフルされて進行していく。この映像のシャッフル具合が実に絶妙であり、まるで現在の音楽の聴き方を彷彿させるかのようである。, この二人の殺し屋は、ボスの命令でトラブル処理の仕事を担当している。ヴィンセントは白人の殺し屋、ジュールスは黒人の殺し屋である。なぜか、二人とも黒いスーツを着込んでいる。この「白と黒」という殺し屋コンビは、漫才師さながらの言葉の応酬を繰り返しながら一緒に仕事をしていく。, ヴィンセントを演じたのは、かの”ジョン・トラボルタ”であり、かれは「サタデーナイトフィーバー」で一躍スターになったが、その後低迷していたのを、この役柄で見事にカムバックを果たしている。, ジョンは、かつてのスマートな体型ではなく、でっぷりと太った体型を晒しているが、それゆえに犯罪者でありながら、どこか憎めない役柄となり新境地を切り開いている。これ以降のジョンはこの持ち味をさらに深めていく。, もう一人の黒人の殺し屋ジュールスは、”サミュエル・L・ジャクソン”が演じている。この殺し屋は変わっていて、とにかく饒舌であり、聖書の一節を唱えてから銃をぶっ放すことを流儀としている。, サミュエルといえば、饒舌な役柄をやらせたら右に出るものがいない。とにかく語りだしたら止まらない、と言っても過言ではない。そんなかれの持ち味もまた、この映画あってこそ広く認知されたのは言うまでもない。, 殺し屋ヴィンセントとジュールスのボスは、マーセルという恰幅のいい黒人である。この黒人のボスは、ひょんなことから白人の変態に囚われてしまう。そのあげくに、その変態に犯される(当然バックから)という醜態に陥ってしまう。, このあたりの演出は、実にタランティーノ監督らしい。まさに面目躍如と言ってもいいに違いない。白人が黒人を犯すという行為は、後に「ジャンゴ」などでも描かれたようにアメリカの黒歴史を意味していると思われるがいかに。, 黒人のボスには、白人のミアという情婦(妻)がいた。ボスは、自分の代わりに部下であるヴィンセントにミアの遊び相手を命じる。ミアとヴィンセントは、1950年代風の珍妙なレストランで食事とダンスをする。, 食事をする50年代風のレストランが実に変で面白い。フロアースタッフは往年のスターのそっくりさんであり、内装はもちろんフィフティーズデザインとなっている。特等席は、50年代の名車をそっくりそのまま使用している。, 食事を終えて家に戻ったミアは、ヴィンセントが持っていたヘロインをコカインと間違えて鼻から一気に吸い込んで卒倒してしまう。, 情婦ミアを演じたのは、”ユマ・サーマン”であり、後に「キルビル」で主役を演じたのは言うまでもない。ヘロインで卒倒したあとに息を吹き返すが、そのあたりの演出と演技振りは、なかなか秀逸でありブラックなユーモアに満ちている。, すでにピークを過ぎたボクサーであるブッチは、マフィアのボスであるマーセルから八百長を依頼される。それを受けたボクサーのブッチは、密かにボスの依頼を裏切ることを企んでいた。そして、それを実行した。, ブッチは、依頼に反して自分の勝ちに自らで賭けていた。自らの賭けに勝ったブッチは、当然のように殺し屋に追われる羽目となった。忘れ物を取りに自宅に立ち寄ると、そこにはすでに殺し屋ヴィンセントがいた…。, このブッチというボクサー役は、”ブルース・ウィルス”が演じている。それは、まさに打ってつけの役柄といえる。ボクサーらしく、男くさくて、どこか世を拗ねたような趣をうまく醸し出している。, ブッチには恋人がいて、純真であるが、どこか間の抜けた雰囲気のする子供ぽい彼女である。ブッチとこの恋人の非対称性もまた面白い組み合わせである。, ファミリーレストランで食事をする若いカップルがいた。男が、彼女と思しき女性にやたらと語りかけている。その内容は、強盗に関するものだった。, この若い二人の男女は、どーやら強盗を生業としているらしい。そして、いままさにこのレストランで強盗を働こうとしていた。, 「パルプフィクション」は、このシーンから始まる。そして、日常の出来事はシャッフルされて交差しながら繋がっていく…。, く、くだらないと作者も思わずうなる、コミカル&ペーソスの世界にようこそ。とてもショートだからお時間は取らせません!, ■小説|愛の食物連鎖■小説|東京ゾンビマンション■小説|堕ちた天使たち(2)■小説|堕ちた天使たち 序章■小説|愛の歌が聴こえる ホラーなお話■小説|コンビニの夜■小説|夢で逢いましょう 誰と?■小説|ゲット・アップ GET UP!■小説|乗っ取られた街■ 小説自作その他. 「パルプ・フィクション」という言葉には「雑事」や「くだらない話」という意味があるらしいが、そのタイトル通り誰かの他愛ない話や人生に起こったちょっとした(?)事件なんかが延々垂れ流されてい … 秋 2019/05/30 04:07 1994年、カンヌ国際映画祭、パルム・ドール受賞の作品です。 ... ジュールスはこの後すぐに組織をやめると。 ... その瞬間、ジュールスは素早くパンプキンに銃 … バットは『ウォーキング・ドール』、ハンマーは『13日の金曜日PART2』、日本刀は『子連れ狼』、チェーンソーは『悪魔のいけにえ』へのオマージュです。, ミアの家にトロフィーがあったため、ミアとビンセントがダンスコンテストで優勝したと勘違いしている人がいるようですが、実際ふたりは優勝していません。 それはともかく、『パルプ・フィクション』というのは、とりあえず前述したような意味になるわけだが、そのタイトル通り、この映画は最初から最後まで、くだらない話が続く。 登場人物による会話の内容は、その大半が無駄話だ。 パルプ・フィクションの動画を配信している動画配信サービスをご紹介します。aukana(アウカナ)動画配信サービス比較ではHuluやU-NEXT、dTVなど人気のおすすめVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを編集部が厳選してご紹介!更に月額料金、配信作品数や評判で一覧比較も可能! しかしその後ブッチはマーセルに出会い、その後2人は変質者たちに捕まってしまい拷問を受ける。 ... しかしジュールスによって無事スーツケースを持って出ることに成功する。 日本語. しかし、同じ年公開の映画『リアリティ・バイツ』に使用されていたため、曲の変更を余儀なくされたそうです。, ブッチが運転していた白いホンダ・シビックは1997年のタランティーノ作品『ジャッキー・ブラウン』でジャッキー・ブラウンが運転していた車と同じです。 そのキャラクターを要約すると、「ブロンドの女がリーダ」「日本人がカンフーの達人」「黒人の女はサボタージュのプロ」「フランス女は色仕掛け専門」「私(ミア)はナイフのプロ」とのこと。 この車は『キル・ビルvol2』(2004)のストリップクラブの駐車場シーンでもカメオ出演していました。, 本作でタクシードライバーの“エスメルダ”を演じたアンジェラ・ジョーンズはタランティーノの短編『Curdled』にも同じ役名で出演していました。 首にあった絆創膏は魂の抜かれた痕で、コンビネーションロックの暗証番号が”666”だったことでこの説が浮上したそうです。しかし、絆創膏はマーセルスの傷を隠すためだとタランティーノが明かしています。, ミア・ウォレス役がユマ・サーマンに決まるまで、ミシェル・ファイファー、メグ・ライアン、ダリル・ハンナ、ジョーン・キューザックなどの女優がミア候補に挙げられていたそうです。 その他 【即納】パルプフィクション ジュールス使用 bad mother fucker 財布 公式ライセンス取得品. その通りだと思います。 この映画の登場人物は、誰しも、 生きることと死ぬことの瀬戸際に立たされた人間ばかり のような気 がします。 ~テーマは、生と死~ その観点から、鑑賞してみると、 『パルプ・フィクションの深さ』 を感じるかも知れません。 それから19年後の2013年、車を盗んだギャングが逮捕されています。, ジョン・トラヴォルタ演じるヴィンセント・ベガは『レザボア・ドッグス』のミスター・ブロンドことヴィック・ベガ(マイケル・マドセン)の弟です。元々、タランティーノはベガ兄弟を主役とした映画を企画していたそうです。, 本作最大の謎のひとつがマーセルス・ウォレス(ウィング・レイムス)のブリーフケースの中身です。ブリーフケースにはマーセルスの魂が封印されているというのがファンが立てた仮説のひとつです。 簡単にいうと死んだ人間が次のシーンで普通に登場したり、ここからあのシーンに繋がるんだ!っていうことが起こります。この手法当時としては斬新でその後の映画界に大きな影響を与えました。 パルプフィクション 見どころ②個性豊かなキャラクター まず、ミアの胸に注射針を刺した状態からスタートしてジョン・トラボルタが針を抜き取る所を撮影します。その映像を編集段階で逆回転させることでリスクを回避していたそうです。, 1994年 強盗のパンプキン(ティム・ロス)がマネージャーの頭に銃を向けて“ヒーローになりたいのか?”と言い、怯えたマネージャーがこう返します。“いや、私はただのコーヒーショップだ。”, ジョン・トラヴォルタ演じるヴィンセントは、ユマ・サーマン演じるミアとデート中、彼女から過去に女優として出演したテレビドラマのパイロット版についての話を聞きます。 『パルプ・フィクション』のあらすじ マフィアと、そのボス、ボスの妻、ボスの友人のボクサー。 多様な登場人物たちが紡ぐ50年代のパルプマガジンよろしくの短編クライム・ストーリーが、絡み合い、1つの物語を形成する。 当時はその状況とデザインの色合いから英国発の70年代の映画かな…と勝手に想像していたし、それゆえにその黒髪前髪パッツンの女性がUma Thurmanだということには後年しばらく経つまで気づかなかった次第。 そんなこんなでどっぷりの米語を堪能。 パルプフィクションとは、「安っぽい小説」の意味である未見の方は是非この機会にその作家性を堪能してほしい。遊び心溢れる台詞まわしと突発的なバイオレンスとともに、ラストには今まで味わったことのない映画的な余韻を味わえるはずだ。この映画で何よりも 再オーディションでようやくサミュエル・L・ジャクソンが正式にジュールス役を射止めることとなりました。, 元々、タランティーノは質屋での拷問シーンでザ・ナックの“マイ・シャローナ”という曲を流す予定でした。 スタジオは全ての劇場にポスター返却を要求、従わなかった場合罰金を科すと警告していたそうです。現在このポスターの価値は500ドルから1000ドルにも及ぶと言われています。, 本作のセオリーとして、ビンセント・ベガがトイレにむかう度に災難が起きています。 fs-14-0105. まず、ミアの家で用をたして戻ると、そこには薬物の過剰摂取でミアが倒れている。ダイナーのトイレに向かった後にパンプキンとハニーバニーが強盗を始める。さらに、ブッチの家でトイレに向かったことが原因となり、ビンセントはショットガンで吹き飛ばされてしまいます。, 質屋でブッチが手にした武器でタランティーノは自分が愛する映画へオマージュを捧げています。