ガウォークでの初飛行時も数瞬のレクチャーで理解し、ミリアを唸らせる準応力も持ち合わせている。 バサラも含めFIRE BOMBERは、なんと武装が無く敵に対して一切の攻撃ができない(代わりにレイ機に修理・補給機能がついている)。しかし代わりに歌の効果により、味方に使えば気力やステータス上昇、HP回復などであり、一部の敵に対してはダメージ(Dのプロトデビルン、ケルビム兵など)もしくは気力低下(第3次αのプロトデビルン、バジュラ、一部のボス敵など)の効果あり、一定以下まで気力を低下させれば撃墜扱いで撤退する通称「歌撃墜」というシステムが存在する。 Fire Bomber(ファイアーボンバー、FIRE BOMBERとも表記)は、テレビアニメ『マクロス7』および、関連作品に登場する架空のロックバンド。口頭では「ファイアー 」、活字媒体では「FB 」といった略称がある。 またFIRE BOMBERの熱烈なファンであるオズマ・リーのエースボーナスがバサラの歌絡みになっていることもある。特に本人と共演した時のボーナスは強力。 女性にはモテる方であるがサービスシーンは少ない。というより恋愛その物に一切の興味を持っていないといった方がいいか。 熱気バサラ・・・本作品の主人公。アニメマクロスシリーズのマクロス7の主人公でもある。 アニメマクロス7においては、fire bomberというロックバンドのギター兼ボーカルをしていた。 アニメ「マクロス7」はとても人気のアニメになっています。今回は「熱気バサラ」という主人公について考察していきます。主人公「熱気バサラ」が担当している声優は誰なのか。また、マクロス7の歌を歌っているのは誰なのか?また主人公「熱気バサラ」のその後はどうなったのか?そもそもアニメマクロス7の主人公「熱気バサラ」とはどういう人物なのか詳しく調べ、どんどんご紹介していきます。, アニメ「マクロス7」はとても人気のあるアニメになっています。そしてマクロス7の主人公を務めているのが「熱気バサラ」という人物です。ここからは主人公「熱気バサラ」についてご紹介していきます。そもそも「マクロス7」がどういうお話なのか。マクロス7の主人公である熱気バサラは果たしてどういう人物なのか詳しく調べてみました。その情報をどんどんご紹介していきます。, AD2045年にはすでに我々人類が宇宙へと移民して10年の時が経過していました。超長距離移民船団「マクロス7」は、地球を7年前に出発し、航海を銀河の中心へと向けて続けていた最中、突然正体不明の戦闘軍団から攻撃を受けました。それは「ファイアーボンバー」というマクロス7の船長の娘ミレーヌを迎えたデビューコンサートの夜でもありました。, 非常ベルが鳴っている中、メンバーの熱気バサラは突然、戦闘空域へ赤いバルキリーへ向かいます。敵味方を問わずにスピーカーを打ち込み、ついには熱気バサラは歌いだしてしまいます。, 大人気シリーズ「マクロスシリーズ」の中でも「マクロス7」は異色の作品と言われています。そしてマクロス7の主人公「熱気バサラ」は「FireBomber」というバンドのリーダーでもあり、マクロス市場最狂の熱血主人公と言われています。2024年8月15日生まれの21歳です。身長は184cm、体重は75キロとかなりのモデル体型の主人公です。, 熱気バサラの性格は見た通りの人で、激辛カレーやトムヤムクンなど激辛料理が好物です。そして自分のうたにかける思いはすさまじく俺様気質でもあり、絶対にポリシーを曲げない男でもあります。, 主人公である熱気バサラは歌を愛しており、ロックバンド「FireBomber」というグループのリーダーを務めています。元統合軍のパイロットのレイ・ラブロックが熱気バサラを誘ったことから始まりました。熱気バサラのまっすぐな性格から、方向性で対立し、メンバー脱退や加入を繰り返しています。そんな中途半端な時にミレーヌ・ジーナスがメンバーに加入し、伝説が始まっていきます。, アニメ「マクロス7」の熱気バサラは名前の通り、熱血的で信念を曲げない男ということがわかりました。しかし、まだ熱気バサラがどいう人物なのかアバウトにしか、理解できていません。なのでここからは熱気バサラがどういう人物なのかもっと詳しく調べてみました。また、そこにマクロスシリーズの中でもマクロス7が伝説的だと言われる理由が隠されているか考察していきましょう。, 熱気バサラは本当に自分の唄以外興味がなく、自分に好意を寄せている女性がいるのに、恋愛には全く興味がない主人公です。また武力による解決を好ましく思っておらず、熱気バサラ自身の唄で平和的解決を望みました。その姿は、すごくかっこいいと言われており、また最高の技術を持っているギターを弾く姿は最高にかっこいいと言われています。, ファイヤーバルキリーとは熱気バサラの愛機VF-19改です。名前の通り燃え上がるような真っ赤な機体です。しかし熱気バサラのこだわりで武装がほとんどされていません。そして、その機体には熱気バサラの歌を最高の状態で聞かせるためのスピーカーがついています。また、特徴的なのが操縦席がギター型に作られており、とてもかっこいいと多くの人からうらやましいという声が上がっています。, そして、そんな高度な操縦席を使いこなしいる熱気バサラはかなりのテクニックを持っています。高速連続反転など、数々の高度な技を訓練を受けていないのにも関わらず難なくこなしています。戦いを拒む点からも規格外な主人公だと噂されています。, そしてどの物語にあるのが恋愛模様です。マクロス7のヒロイン・ミレーヌはバンドのメンバーでもあり、とても美しい女性です。熱気バサラもさすがにミレーヌに対する恋愛感情が少しでも芽生えるのではという期待もありましたが、まったくその気はありません。また、勝手に熱気バサラの周りで三角関係が発生し、私たち視聴者を、ハラハラドキドキさせました。, 三角関係のもう一人の人物はミレーヌのお見合い相手がガムリン木崎という人物です。木崎とミレーヌは交際にまで発展しますが、ミレーヌはだんだんと熱気バサラへの好意に気付き始めます。三人の三角関係の結末が気になると言われています。, このアニメはロボットに乗るシーンがたくさんあり、そういったアニメは戦うシーンが十八番ですが、熱気バサラは戦わないのをモットーにしています。戦うことを嫌い、戦闘なんて下らねぇというほど毛嫌いしています。「戦闘なんてくだらねーぜ。俺の歌を聴け。」という名言は熱気バサラらしいと言われています。熱気バサラは戦場に出ても、敵味方関係なく自分の歌を聞かせています。, 戦いを嫌い、戦場にも歌を聞かせに行く熱気バサラの歌はとても人気があります。いったい熱気バサラはどんな歌を歌うのでしょうか。どんな歌が人気になっているのでしょうか。ここからは熱気バサラが歌う人気になった歌をいくつか調べてみました。そんな熱気バサラの歌をどんどんご紹介していきます。, 一話から出てくる歌で、マクロス7の中でも一番最初に流れる歌です。そこからも何度も戦闘中に歌われている曲でもあります。後半になってくるとほかの曲もたくさん出てきますが、かなり作中に流れている歌に成ります。この曲はFireBomberのデビューシングルという設定になっています。アニメ「マクロス7」の代表曲と言ってもいいのではという声もあります。, 突撃ラブハートは、FIREBOMBERだけでなくマクロス7の代表曲の1つだと言われています。FireBomberのたくさんある歌の中でもとても人気が高い歌になっています。一話から使用されており、またシリーズを通してもたくさん使われております。そして、熱気バサラが戦場で初めてうたった歌でもあり、そのシーンはとても有名です。, サンドフォースの結成後に熱気バサラが徹夜を繰り返しながら作り上げた歌になっており、サンドフォースの戦闘中に最も多く歌われた歌になっています。それゆえにこの歌が頭に残っている人は多いと考えられています。, この曲は最終話近辺で使われるようになった歌になっています。意味が深い歌になっているためそのタイミングで使われていると言われています。また、意味深な歌なため人気の歌になっており、マクロス7ファンの人は一回は聞いたことがあるといわれる歌になっています。, こちらも最終は近辺で、プロトデビルンのシビルを起こすために歌われる歌です。プロトデビルンは歌が嫌いなはずなのにこの曲だけ歌うというとても熱いシーンがとても有名です。またバラード調なので我々視聴者の涙を誘う歌になっています。, 戦いを嫌い、歌をとても愛し、自分の信念を曲げない熱気バサラの声を務めたのは一体誰なのでしょうか。かなり癖の強い主人公の声優は誰なのか調べてみました。また、熱気バサラがよく歌っている歌は担当声優が歌っているのでしょうか。または別の人物が歌っているのでしょうか。今回はそこを詳しく調べてみました。, マクロス7の主人公熱気バサラの声を担当したは声優会のベテラン林延年です。現在は神奈延年という名前に改名しています。子役でデビューをしており、CMや映画にも出演経験もあり、劇団にも所属していました。その後は学業に集中していました。しかし劇団青杜に入団すると同時に舞台俳優として長い間活動をしており、1991年にドラゴンクエストに出てくるフランク王子役として声優デビューを果たしています。, その後、熱気バサラをはじめ「ロードス島戦記-英雄騎士伝-」のパーンや「GetBackers-奪還屋-」の美堂蛮など数多くの作品の声優を務めています。現在も様々な声優を務め大活躍をしているベテラン声優です。, そして、熱気バサラの歌を担当したのは、声優とは別人の福山芳樹です。学生時代に多くのバンドを経験したそうです。1990年「AXIA・ミュージック・オーディション」で歌部門最優秀賞を受賞し、その後この受賞をきっかけにデビューしています。, 福山はロックバンドで活躍をしていましたが、マクロス7で熱気バサラの歌を担当したことをきっかけに、アニメのオープニングやエンディングに携わるようになりました。その後、熱気バサラの声優神奈延年と「福神」というユニットを組んでおり、一度聞くとこの歌声は忘れられないと言われています。, ここまで作中の熱気バサラについてご紹介してきました。しかし、歌を愛し、戦闘を嫌う熱気バサラはその後どうなったのか気になります。熱気バサラはその後どうなっていったのでしょうか。また、一番気になるのは3角関係の恋愛模様のその後が気になります。今回はそんな熱気バサラのその後について詳しく調べてみました。ここからどんどんご紹介していきます。, アニメ「マクロスダイナマイト7」は「マクロス7」の数年後を描いているアニメになっています。そこでも根来バサラは朴念仁を発揮しており、シティ7をミレーヌを置いて出ていきます。そこでの熱気バサラの旅路を描いているのが「マクロスダイナマイト7」となっています。そこで熱気バサラはゾラという惑星で事件に巻き込まれてしまいます。そこでは愛する歌でクジラ退治しようと頑張っています。, そして、一番気になるのが熱気バサラをも知らず知らずのうちに巻き込まれている三角関係のその後です。シティ7を出ていったその後の熱気バサラの居場所を突き止めたミレーヌとガムリンは、連れ戻そうとゾラという惑星へと向かいます。ここで腐れ縁のように三角関係が付きまとっています。久しぶりに再会しまいたが、三角関係はいまだ決着しておらず、三人のその後が気になると言われています。, アニメ「マクロス7」はとても長年愛されているアニメになっています。また、歌をひたすら愛し、戦いを嫌う熱気バサラはとても珍しい主人公となっており、それが逆にいいと人気のキャラクターになっています。また 声優 キャスト (熱気バサラ)林延年 ... 熱気バサラは辺境の惑星から発せられた歌エネルギーを感知し、単独で惑星へと向かう。歌の主である巨人・エミリアと歌合戦を繰り広げたのち、意気投合する2人。 真・三國無双8(曹丕 ) #コンパス 【戦闘摂理解析システム】(イスタカ) 上記のみを見るとうるさいだけの男に思われるが、プライベートでは意外と大人しく物静か。 他のマクロスシリーズでもテーマとなっている歌を武器とするシーンはあるが、その為のスピーカーを搭載したり、空気が無くともアンカーを打ち込んで強引に歌を響かせるのは彼だけである。(余談だが、スピーカーポッドの命中率は百発百中レベルを誇る), バサラは作中、他者の歌に対し上手い下手を言う事はない。ミレーヌに対し何度か厳しい事を言った事はあるが、それは彼女の歌に対する姿勢の低さに関しての事であり、彼女の歌そのものにダメ出しをした事は実は一回もない。 マクロス7の登場人物一覧(マクロスセブンのとうじょうじんぶついちらん)は、テレビアニメ『マクロス7』および、その関連作品(『マクロス7 トラッシュ』を除く)に登場する架空の人物の一覧である。. 俺の歌を聴けー!!!!! 本作品の主人公。 ロックバンド「FIRE BOMBER」のメインボーカルとリードギターを担当する21歳の青年。 逆立った茶髪と丸縁の青いサングラスを付けている。 出生等に謎が多く、一時期は「リン・ミンメイの子供では?」との騒動も起きた。 というより過去描写自体がかなり希薄で、現在判明しているのは少年期のごく一部とバンドメンバーのレイとビヒーダ・フィーズとの出会い程度。 高度なドライビングテクニックや格闘能力を始め、相当数のスキルを身に着けているが、どのようにして習得したのかは … 神奈川県 鎌倉市出身 。 血液型はA型。 身長172cm。愛称は「福山さん」「福ちゃん」 。 シャングリラ、ロコスミュージック、スリーナインエンタテインメントを経て、現在はMOJOST所属。 スーパーロボット大戦 GONG, ファイナルシーズンも絶好調!「進撃の巨人」のファンアート特集【アニメのおさらいにも】. この行動に最初はガムリン木崎を初めとした正規軍人からは頭がおかしいと思われていたが、その熱意に次第に周囲からも認められるようになる。 熱気バサラ 声 - 林延年、歌 - 福山芳樹 本作の主人公。Fire Bomberのボーカル兼リードギター担当。 ミレーヌ・フレア・ジーナス 声 - 桜井智、歌 - チエ・カジウラ Fire Bomberのボーカル兼ベース担当。 俺の歌を聴けー!!!! その力は非常に強く、プロトデビルンによって廃人となった人々を復活させ、更にはプロトカルチャーであるプロトデビルンの活動にすら影響を与え、彼らを無害な存在へ進化させる程である。 観察力や判断力にも優れており、先に到着していた船団が全滅しているのを見た際に「死体が一つもないのはおかしい」と状況の異常さをいち早く察知する等、高い知性が伺える。 マクロスΔスクランブル(熱気バサラ ) 2017年. 逆立った茶髪と丸縁の青いサングラスを付けている。 今の俺の目標は、熱気バサラの様に自由に、力強く、誰もが聴き入る歌を歌う事。俺の歌はノイズを倒すものじゃない。俺の歌は皆に聴いてもらう為のもの。無論ノイズ達にだって。俺は、歌で宇宙戦争が終わった歴史を知ってる。 今回は「熱気バサラ」という主人公について考察していきます。主人公「熱気バサラ」が担当している声優は誰なのか。また、マクロス7の歌を歌っているのは誰なのか?また主人公「熱気バサラ」のその後はどうなったのか? 『マクロス7』本編および、複数の関連作品における主人公。ロックバンド「FIRE BOMBER」のメインボーカルとリードギターを担当する。21歳(『マクロス7』の舞台となる2045年時点)。逆立った髪と、旅先で拾った丸縁、青いレンズのサングラスをかけた姿が特徴。 自分の歌と音楽に対する並外れた情熱を有し、その可能性に挑戦する姿勢を常に崩さない。バンドリーダーで元統合軍パイロットのレイ・ラブロックを通じて極秘に提供され、専用にカスタマイズされた可変戦闘機VF-19改(通称ファイア… ミンメイが「歌で戦いを終わらせた」と言われていても、実際は歌を聞いたゼントラーディ軍が混乱している隙に司令長官ボドルザーを殺害したのが事実である。と言うか、そもそも「歌自体が武器扱い」(『マクロスΔ』では「プロトカルチャーが創造した生命体は歌でマインドコントロール出来るように設計されている」説が登場している)だった事に対するアンチテーゼとしての役割もあった、最終的に他のロボットアニメは当然として、他のマクロスシリーズですら出来ず、音楽系アニメでも難しい『本当の意味で歌で戦いを終わらせた』と言う偉業を達成した。 ただし、このアニマスピリチアというのが具体的にどのような物なのかは明言されておらず、その由来等については謎が多い。 この力があるせいか、彼の発する歌エネルギーは個人で10万チバソングを軽々と超え、他の追従を許さぬ膨大なエネルギー量を秘めている。 争いごとが嫌いであり、口癖は「戦争なんかくだらねぇ、俺の歌を聴けぇ!」 歌マクロスに登場している熱気バサラのガチャについて紹介します!マクロス7好きの方は待ち焦がれていたことでしょう!歌マクロスガチャで排出されるエピソードプレート解放によって手に入れられるバサラの衣装、バルキリーについて触れていきたいと思います! ファイアーボンバー ミレーヌ・ジーナス レイ・ラブロック ビヒーダ・フィーズ ガムリン木崎 なお、歌の効果がない敵に対しても歌うことは可能で、中には特殊セリフを喋る一般兵もいる。, マクロス7 マクロスダイナマイト7 マクロスFB7 ロックバンド「FIRE BOMBER」にてベースおよび女性ボーカルを担当する。年齢は14歳(作中に誕生日を迎え15歳)。超時空要塞マクロスの天才夫婦マクシミリアン・ジーナスとミリア・ファリーナ・ジーナスを両親に持ち、主人公のバサラ同様歌いながらバルキリーの操縦をこなすほど腕が良い。中盤にて結成された民間協力隊「サウンド・フォース」の一員となって、VF-11MAXL改に乗りバサラとともに戦場に歌を響かせる。 性格は勝ち気で天真爛漫。そして健康美。我が強い面もあるが、ミレーヌ … この信念を持つ故に、彼は戦場に飛び、歌を聞かせる。何故なら魂のない撃ち合いをするよりも、魂のある歌を聞いた方が、互いをより強く理解できるからと、本気で信じているからだ。, バサラの歌には、人のスピリチア(生気のような物)を回復させる力が秘められている。 高度なドライビングテクニックや格闘能力を始め、相当数のスキルを身に着けているが、どのようにして習得したのかは一切分からない。 戦闘技能はともかく、単純な操縦技術だけなら歴代最高クラスのパイロットである事は間違いない(彼を上回るパイロットはマックスやメルトランディのクロレ等、ごく少数だが存在する)。 VF-19改 VF-19P 仕事の選り好みこそするものの、老人ホームでのライブでは演歌調の前口上を行い、幼稚園でのライブでは歌のお兄さんをきっちり演じる等、一度引き受けた仕事はなんだかんだきちんとやり通すプロ精神を持ち合わせている。 愛機VF-19改(通称「ファイアーバルキリー」)はその名のごとく、燃え上がる炎のような真紅のカラーリングが施されている。武装はそれなりにあるが殆ど使われることはなく、メイン武装となるのは彼の最大の武器である『歌』を響かせるための巨大スピーカーとアンカーである。 ライブでは予定していた曲を突然変更する事も多いが、ちゃんと場の空気や客の反応を見てからのサプライズとして行っており、言動に反して思慮深い面もある。, ミュージシャンでありながらバルキリーにも搭乗し、その操作テクニックはガムリン木崎をして『天才的』と言わしめた。具体的には、ギター型の特殊な操縦桿をかき鳴らし、歌を熱唱しつつ超高等技術「QM69」を余裕で行う程。被弾率も低く、最終話で愛機を破壊された以外には、大きな損傷を受けた事はほとんどない。 この能力は年々強化されており、今では歌っただけでどんな相手とも問答無用で分かり合えるレベルにまで達している。そのせいで、マクロスFでは当初ゲストとして彼が登場する予定だったのだが、本来数ヵ月かけて行うストーリーがたった2,3話で終わってしまうというとんでもない理由でお蔵入りになったとか。, 本作が放送開始時には視聴者から「なぜ戦わせない!」等の抗議があったが、物語が進むにつれ、彼がミサイルを発射してしまった時には「なぜミサイルを撃たせた!」と逆に抗議があった。 音楽には一切の妥協をしないため、「FIRE BOMBER」のメンバーはミレーヌが加わるまで頻繁に入れ替わっていた。 ダイナマイト7においてはバルキリーをアコースティックギターをかき鳴らして歌いながら操縦するという荒業を披露する。ギターのネックと尻で操縦桿を叩き操縦する様はもはや異次元の領域である。しかもその機体VF-19Pは初期型のVF-19AおよびYF-19とほぼ同じ性能であり、乗るだけでパイロットが死ぬ超ピーキーな代物である。 今では頭の中がそれで埋め尽くされている熱血歌オタク。 ちなみに初登場のDでは歌うのに必要な歌ENが一切回復できず(回復できるパーツもない)、後の作品で気力の上昇と共に歌ENが上昇するようになった。 一見粗暴だが実際は上記の通り暴力行為を特別嫌っており、作中、ミレーヌを守るためとは言え数人の不良を殴り飛ばしてしまった時には「歌で感動させなきゃならねぇのに……」と激しく自省している。 FIRE BOMBERの歌詞一覧リストページです。歌詞検索サービス歌ネットに登録されている「FIRE BOMBER」の歌詞の曲目一覧を掲載しています。Waiting for you,君に届け→,SUBMARINE STREET,SWEET FANTASY,SEVENTH MOON,Song Of Eternity,DAIMON,弾丸ソウル 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 出生等に謎が多く、一時期は「リン・ミンメイの子供では?」との騒動も起きた。 実際、プロトデビルンのギギルや銀河クジラが歌った時はただそれだけで大喜びし、共にセッションしているが、逆にジャミングバード達の強制された歌に関しては、前者より歌自体は上手くとも、軽い嫌悪感を示している。 また、同じく「歌」や「音楽」関係に深いキャラクターとのクロスオーバーイベントもあり、特に第3次αでは、リン・ミンメイや渚カヲルらの協力によりゲーム主題歌でもある「GONG」を完成させ、αナンバーズと共に歌って勝利に導いた。 ダイヤモンドフォースに所属するエリートパイロット。 15歳で航空士官学校に特待生として入学し、三年の課程を二年で卒業する。これは、ガムリンの才能もさることながら、教官をつとめたミリア・ファリーナ・ジーナスのしごきの効果も大きい。 根っからの真面目人間の為、女性関連になるとからっきしであった。また、当初は軍務の妨げとなっている熱気バサラのことを快く思っていなかったが、思わぬ共同作戦を経てバサラの歌を理解するようになる。 働きが認められて大尉となってからは、死亡 … これを利用して1ターンでバジュラを殲滅させる事も可能。 (その割には突撃ラブハート等、熱い恋愛ソングを数多く作っているため、恋愛という感情に関しての理解は持っている模様) 少年期に「歌で山を動かしたい」との思いを抱いてから歌うことにこだわり続け、 ギギル シビル イワーノ・ゲペルニッチ 歌マクロススマホDeカルチャーに登場する、「マクロス7(マクロスセブン)」の熱気バサラ(Fire Bomber)の声優やプロフィールを紹介しています。マクロス音ゲーをより楽しむ際の参考にして … 「スピリチア」に関して特別な資質を持つ人物を指すと思われる重要なキーワード。 用語としては17話でのシビルの発言が初出。 敵勢力全体としては、26話でゲペルニッチが自らバサラの歌を聞いて(というより、スピーカーポッドγで聞かされて)確信するまで使用されず、一先ずはスピリチアが正常に計測できず、周囲の生物のスピリチアに尋常ならぬ影響を与える存在として「スピリチア異常コード・ツェー(『C』のドイツ語読みと推測)」と呼ばれた。 作中ではプロトデビルンが熱気バサラを度々こ … 心根は優しい男であり、動物や子供に対してかなり柔らかな応対をしており、敵対種族であるプロトデビルンであろうとも手を差し伸べる度量の深さを持っている。 俺の歌を聴け!歌って撃たない主人公「熱気バサラ」の魅力とは?『マクロス7』|熱気バサラ(マクロス7)に関連する記事や画像です|アニメキャラクター事典:キャラペディア スパロボZではより分かりやすい場面があり、ランカがバジュラをおびき寄せるために歌っている時には激しく怒り、強引にランカの歌を断ち切ると周囲に対して「お前らがこいつに無理やり歌わせてるのか!」と強く叱責した事もある。 アニメ「マクロス7」はとても人気のアニメになっています。今回は「熱気バサラ」という主人公について考察していきます。主人公「熱気バサラ」が担当している声優は誰なのか。また、マクロス7の歌を歌っているのは誰なのか?また主人公「熱気バサラ」のその後はどうなったのか? 『歌』があれば他種族とも理解しあえると『超本気』で思っている。 更に敵であるプロトデビルンたちも魅了していき、最後にはその歌の力によって戦う意味すら消し去ってしまった。 そしてその信念を証明するために改造バルキリーで戦場に乱入しては歌い続けていた。 スパロボ等の外部作品ではその力を遺憾なく発揮しており、他作品はおろか、スパロボオリジナルキャラクターの強大な力ですら容易く跳ね返し、挙句の果てにはマクロス30において、歌姫が総力を挙げても敵わなかったラスボスをたった一人で押し戻すといった荒業を披露した事すらある。 そう、熱気バサラはロボットを操縦しながらギターを引き、歌まで歌う男なんです。 加えて歌にかける情熱は宇宙一。 バサラの趣味の1つは「オレの歌を聴かせること」。 好きなアーティストは「オレ」で … ヴァールが歌でも完治しない、 空中騎士団が潰してくる。 それでもバサラがいるとスムーズに終わる気がする。 歌の力も強いし、パイロットとしても一流だから空中騎士団のエースを驚かせてもおかしくな … また、男性主人公がグッズやアイテム等の商品化になりにくいロボットアニメにおいて(メインはロボットであり、商品化もヒロインがなりやすいので、主人公でも男性ではほとんど商品化されない)、マクロスシリーズでは歴代の歌姫達のアイテムが定期的に商品化され、その中に歌い手の一人としてラインナップされる事が多いので、彼の商品化は男性主人公としては群を抜いている。, 加入直後は「敵味方関係なく、かつ所かまわず歌を聞かせる」という奇行をうざがられるものの、作品の枠を越えて徐々にファンを増やしていく。 声優は神奈延年さんが歌パートは福山芳樹さんが担当している。このキャスティングは神奈さんの歌唱力が低いからというものではなく、熱気バサラの思いが歌という手段によって表現されるためなのであ … 歌マクロス『バサラ』の声優さんを画像付きでご紹介していきます!バサラの声優は誰がやっているのか?声優と歌声は一緒?など、バサラのプロフィールと声に焦点を当てていきます。『熱気バサラ』の声優さんについて知りたい方はお見逃しなく! ロックバンド「FIRE BOMBER」のメインボーカルとリードギターを担当する21歳の青年。 !がイラスト付きでわかる! 戦争なんてくだらねぇ!!ミサイルなんかよりも爆発力のある、俺の歌を聴けー!!!!! 歌マクロス スマホDeカルチャー(熱気バサラ) ソニック フォース(ナックルズ・ザ・エキドゥナ) 2018年. 歌マクロスバサラはいつ解放?ステータスはこちら; 歌マクロスバサラ演出10のパターン; 歌マクロス『バサラ 』イベント攻略4つのコツ; 歌マクロス『熱気バサラ』ガチャ排出結果と衣装; 歌マクロス『バサラ』の声優は誰?画像付きで紹介! 、戦いを嫌うのに操縦席がギターの形をしていたり、高度な技を繰り出すので、特に男性の夢が詰まっている主人公だと言われています。, そして、マクロス7の人気の理由は主人公だけではありません。作中にもたくさん出てくる歌がとても人気がでています。また、マクロス7を見たことはないけど曲を聴いて好きだと言っているほどです。アニメの中の唄ですが、それだけ完成度の高い歌がうたが使われており、そこにも長年愛されているアニメの秘密が隠されていました。, マクロス7は三角関係を匂わせる事はありましたが、結局は、どっち付かずで終わりましたからね。どちらかと言うとミレーヌがバサラとガムリンに揺れて、ガムリンはバサラやミレーヌの良き理解者であり、バサラは信念を貫くキャラと言った感じのキャラでしたね, そして、やはり三角関係は注目されています。また、主人公が全く恋愛に興味がないというところも今のアニメ世界にとってとても珍しいと言われています。戦いを嫌い、恋愛に興味がなく、歌だけを愛するというキャラクターはとてもインパクトが大きく、そのキャラクター性が人気の一つの理由にもなっています。, ここまで「マクロス7」の主人公「熱気バサラ」の魅力についてたくさんご紹介してきました。熱気バサラはとても珍しい主人公でした。一般的なアニメですと、ヒーローは戦いを好む特性があったり、ダメンズでも恋愛にはとても興味があるという作品が多いなか、熱気バサラは戦いを嫌い、恋愛模様にも無頓着で、ただひたすら歌が大好きな主人公でした。, しかし、戦闘を嫌う熱気バサラですが、自分の戦闘機を持っており、操縦席がギターの形になっているという特別仕様に作られていました。また、訓練も受けていないのにとても高度な技を繰り出すので、特に男子のロマンが詰め込まれた主人公でした。しかし、戦闘機に乗って戦場に向かうも、戦うことはせず敵味方関係なく自分の歌を聞かせています。, 出典: https://xn--pckua3ipc5705b.gamematome.jp, そして、恋愛にまったく興味がない熱気バサラは勝手に三角関係に巻き込まれていました。自分に想いを寄せる女の子がいるのにも関わらず、とても鈍感で全く気付く様子もなく歌だけを愛し続けています。熱気バサラを巻き込んだ三角関係のその後はまだ決着はついていませんが、この関係が今後どのように発展していくのかとても期待されています。, そして、主人公の熱気バサラが愛した作中の歌もとても人気でした。アニメを見たことがない人も好きだというコメントもありました。またそれを歌っていたのがミュージシャンの福山でした。また、この作品がきっかけで声優ともユニットを組むなど活動の幅を広げています。今後のマクロス7の物語がどうなっていくのかとても期待されています。, 【マクロス7】熱気バサラの魅力とは?キャラクター情報・歌や声優も紹介のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, 皆さんは、アニメ「マクロス」をご存知でしょうか?1982年に初代シリーズとなる「超時空要塞マクロス」が放送されて以来、変わらぬ人気を誇っているマクロス。2016年に「マクロス△(デルタ)」が放送されるなど、30年以上経った今でも新シリーズが制作されています。この記事では、そんなアニメ「マクロスシリーズ」の見る順番や歴代. 福山 芳樹(ふくやま よしき、1963年 9月14日 - )は、日本のミュージシャン、ギタリスト、作曲家、編曲家。. 本作品の主人公。 つまりバサラにとっての歌とは、「自身の魂を表現する物」であり、例え歌が下手であったとしても、そこに魂さえ籠っていれば、必ず相手に伝わると本気で思っているのだ。だからこそ、強制されたり、いい加減な姿勢で歌う「魂なき歌」には激高し、熱い怒りを燃やすのである。 というより過去描写自体がかなり希薄で、現在判明しているのは少年期のごく一部とバンドメンバーのレイとビヒーダ・フィーズとの出会い程度。 統合軍の天才パイロットであるマクシミリアン・ジーナスとゼントランのエースであるミリア・ファリーナ・ジーナスの間に生まれた子供。 七人姉妹の末娘で、FIRE BOMBERのボーカル兼ベースを担当。 バルキリーの操縦センスは両親譲りであり、戦場においても物怖じせずに歌えるほどのガッツを持つ。 年齢的には15〜16歳の少女であり、その言動は子供っぽいところ(無理に大人ぶる)もある(体形的にも)。 グババとは、ペットというよりも、プライベートな親友である。 熱気バサラに徐々に惹かれてい …