筒井道隆さんの若い頃の恋愛ドラマの共演者. 大河ドラマ「新選組!」の完全版・総集編DVDが発売されます。(2004/12/22) 大河ドラマ「新選組!」の出演者が続々決定! トレンディドラマを中心に活躍を見せていた俳優の筒井道隆。最近ではあまり筒井道隆の姿をドラマで見かけないようにも思えてしまいますが、現在は一体どうしているのでしょうか?筒井道隆の現在の活動やプライベートについて詳しく見て行きましょう。 筒井道隆 堺雅人(46)主演の『 半沢直樹』続編(tbs系)の後半戦に、半沢(堺雅人)と激しく対立する帝国航空の再建チーム「帝国航空再生タスクフォース」のリーダー・乃原正太役で出演している 筒井道隆… 筒井道隆の幕末時代劇 出演歴. 数々の作品に出演されている筒井道隆さんですが、ドラマの共演者がとっても豪華なんです! 「二十歳の約束」1992年(当時21歳) 出演者: 稲垣吾郎、牧瀬里穂、深津絵里、田中律子 新章の『帝国航空編』で半沢が相対するのは、筒井道隆。 そんな彼の素顔を調べてみると、ドラマとは違った一面が見えてきて―。 msn msn エンタメ 1971年生まれ、東京都出身。90年、映画『バタアシ金魚』で主演デビュー。同作で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。以降、ドラマ『あすなろ白書』『王様のレストラン』などに出演。近年の出演作にドラマ『リテイク』、映画『ママレード・ボーイ』『洗骨』など。NHKでは連続テレビ小説『私の青空』、大河ドラマ『功名が辻』、『再生の町』『神様の女房』『龍馬・最後の30日』、BSプレミアム『花嵐の剣士』『龍馬の遺言』ほかに出演している。, インタビューに際して久しぶりに上杉鷹山公について振り返えってみたのですが、その偉大さに衝撃を受けました。傾いた藩の財政を立て直した名君であるというだけでなく、例えば「成せば為る 成さねば為らぬ 何事も」という有名な言葉。改めて噛みしめてみるとすごいんですよね。また、“人民のために尽くすことこそ、藩主である自分の仕事だ”という考え方にも心を動かされました。上に立つもののあるべき姿のような気がして…。, 現代の日本は解決すべき問題が山積みで、僕自身も微力ながらも何ができるのだろうと自問する日々ですが、こうした時代にこそ鷹山公のような先人の行いや思想から学び、生かすことが必要だと強く感じました。ケネディ元大統領が尊敬する日本人に名前を挙げたというのも納得です。, そんな素晴らしい方を演じさせていただいたと思うと光栄ですね。ご覧になった方が少しでも、鷹山公の偉業に触れて社会を考えるきっかけになれば嬉しいなと思います。でも、当時の僕はまだ20代。今ほど世の中のことを知らず、目の前にあることで精一杯の状態でした。そんな中で自分なりにベストを尽くして演じさせていただいたと思います。ただ、今の方が役柄をより深く理解して演じられただろうと思うと、もったいないような気がしますね。, 別の作品に出演していた際に三谷(幸喜)さんがメイク室にいらして「容保公を演(や)ってくれませんか?」とおっしゃられたのを覚えています。理由をうかがうと「似てるんだよね」って。後で調べてみると、確かに「こういう所あるかな」と思ったりして(笑)。どこかナヨッとしていて、引かないところは引かない頑固なところがある人物像がリンクしていたのかもしれません。, また『新選組!』の撮影に入る直前まで、「彦馬がゆく」という三谷さん演出の舞台に出演していたんですよ。志士たちの写真を撮った幕末の写真家をモデルにしたお話だったので、時代背景もほぼ同じでその分スムーズに『新選組!』の世界観に入ることができました。, 僕が演じたのは会津藩藩主であり、京都守護職を務めた松平容保公。近藤勇(香取慎吾)をとても信頼しており、新選組という名を与えた人物でもありました。新選組の隊士ではなかったので、撮影の頻度は少なかったんですよ。しかもお殿様ですから、堅い演技をしなくてはいけない。かたや隊士を演じた皆さんはとても楽しそうに仲良く過ごされていて、ちょっと寂しい気持ちでスタジオに通っていたことを覚えています。, ただ、時代の変革期で多くの命が失われた背景のなかで容保公を演じるにあたっては、和気あいあいと過ごす気分になれなかったというのも本音です。役に入れば入るほど気持ちはキツくなりましたし、その思いが強くなるほど役に近づけているようでいいと思っていました。相当追い込まれた役ではありましたが、すごく成長もさせていただけた。この頃には自分も確立してきていましたし、容保公を演じたことは今振り返っても財産だと言えます。, スポーツサイクルで晩秋のベトナム北部を旅しました。とても少人数で撮影した番組で、ディレクターと助手、現地のコーディネーターと僕のたった4人の旅だったんですよ。その分、どんな場面でも決断が早くでき、こうやって番組が作られるんだなと感じられて楽しかったですね。, 旅の日程は2週間。大まかなルートやイベントは決まっていましたが、基本的にはルートを逸れてもOK。ディレクターも「自由に」と言ってくれていました。僕が出した条件は自転車以外の移動をしないこと。僕自身が自転車でベトナムを旅する様を撮ることで、見る人に疑似体験してもらえたらと思って。だから毎日すごい移動距離で本当に疲れましたね(苦笑)。, 少人数で長期間旅していたので、ディレクターと大げんかも何度かしました(笑)。「世界に通じる自転車の旅番組を作りたい」という思いは同じなのですが、アプローチの仕方が違ったので、衝突してしまうこともあったんです。でも、彼も僕も情熱は同じなので、けんかしてもわだかまりはなかったですよ。旅のリアルを大事に撮影して下さる方だったので、僕自身も「彼といいものを作りたい」という気持ちにさせてもらいました。その後も『チャリダー☆』などでご一緒させていただいて、今も自転車仲間です。, 振り返ってみると僕が演じた歴史上の人物には、既成概念にとらわれずに様々な改革を成し遂げた方が多いことに驚きます。せっかく演じさせていただいたのだから、そこで終わるのではなく、何かを学び取り次のステップに繋げていければ…。ご覧になった方にも何かを考えていただくきっかけになるといいですね。, 福井藩の藩主・松平春嶽公もそのひとりでした。藩を超えて、さらには家柄や身分にとらわれず有能な人物を登用した人物で、このドラマの主人公である坂本龍馬の力量をかって、海軍操練所の費用を工面したことでも知られます。, 春嶽自身は“自分は何もできないから、優秀な人を集めて生かすのだ”と言っており、そんな春嶽公の才覚が新政府の首相にぴったりだと考えた龍馬の奔走を描いたのがこのドラマです。江戸幕府を支えた重鎮でありながら、有能な人材を適所に置いて生かせる人物。諸藩を納得させる人材は春嶽公をおいてほかにないという考えは、とても龍馬らしいですよね。, 動画にある独行車(どっこうしゃ)に乗るシーンは、福井城で撮影しました。独行車は車輪の外周が鉄で出来ていたので、ちょうど雨あがりで地面の芝生が濡れているのを見て「滑りそうだな」と思ったのを覚えています。普段自転車に親しんでいるせいか、全く苦労することなく1回で乗ることができました。乗り心地も良かったですよ。, 市兵衛(向井理)の異母兄である信正もまた民のために悪に立ち向かう人物。父から神童と言われていた弟の市兵衛と久しぶりに再会し、その剣の腕を褒めます。僕自身、妹が僕よりも優秀で、どの分野でも勝てないんですよ(苦笑)。そんな兄の心境が今回の役を演じるのにとても生かされていますね。そういう意味では妹には感謝かな(笑)。, 主人公の市兵衛は剣の達人ですが、番組のタイトルにもあるようにそろばんで身を立てている文武両道な人物。時代劇と言うと武士は武士らしくというイメージがありますが、そうした部分はとても現代にフィットしているような気がします。, 市兵衛を演じる向井理さんは、今回が本格的な殺陣に初挑戦とのこと。とても華麗な立ち回りで驚きました。また、信正の恋人・佐波を演じた橋本マナミさんとは初共演。あまりお芝居をされるイメージがなかったので、「どんな方だろう?」と少し緊張していたのですが、とても聡明で素直に信正の気持ちを作ることができました。, 俳優の先輩としてもサイクリストとしても尊敬する鶴見辰吾さんとの共演も嬉しかったですね。一緒のシーンはなかったのですが、現場でお会いして自転車の話が止まらなくて…(笑)。骨太で格好いい、学ぶところの多い方です。, 最近では時代劇があまり作られなくなっていますが、そんななかで久しぶりに池端俊策さん脚本の作品に呼んでいただけて感謝しています。時代劇には先人から学ぶべきことが沢山描かれているので、僕自身、貴重だと思っています。現代にも通じることが多いですし、ご覧になる皆さんも楽しみながら、何かを感じ取っていただけるのではないでしょうか。. このドラマ「王様のレストラン」は、1995年に放映されたレストランをを舞台にしたコメディドラマです。主演は歌舞伎役者の松本白鸚、当時は松本幸四郎でした。他にも筒井道隆や、山口智子、西村雅彦、鈴木京香などなどです。 筒井道隆さん出演の映画・ドラマと気になる年齢・出身地など情報をまとめさせていただいています。 ... その演技力があって、本格派なドラマが多いnhkのドラマに起用されるケースが多く、大河ドラマや朝の連続などに複数出演されています。 筒井道隆 ヒマラヤをゆく(1994年、フジテレビ系) 聖インダス大巡礼 インダス川2900km全走破(2000年、テレビ朝日系) 筒井道隆のアラスカ冒険旅行(2003年3月9日、テレビ朝日系) 最後の言葉 作家 重松清が見つめた戦争(2003年8月15日、NHK BS1) - 詩の朗読 筒井道隆さんと池内博之さんも久々にテレビドラマで見た感じ! いいよね平成の役者さん達高橋和也さんも結構怖い役とか合うなぁと飯田基祐さんの演技がなまら凄かった‼︎‼︎ノーマークだったが抜群の … 筒井道隆の戦国時代劇 出演歴. 筒井 道隆(つつい みちたか、本名同じ、1971年3月31日 - )は、日本の俳優。東京都調布市出身。堀越高等学校卒業。舞プロモーション所属。血液型A型。父は風間健。 俳優の 筒井道隆さん が、ドラマ「半沢直樹」などをきっかけに、俳優として再び注目されていますよね。. 不知哉丸(筒井道隆)が武士になりたい、と尊氏(真田広之)の元へやってきたが、それは亡くなった母の望んだことではない、と追い返す。一方、南朝の期待を背負う北畠顕家(後藤久美子)は、足利軍を打ち破りながら西走した。しかし京を目前にして、顕家は伊勢ヘ向かう。 ただ、ネット上では、「久しぶりに見た」という方から 「筒井道隆、ハゲた? 」「髪が薄くなった?」 など、髪の毛や顔の変化に関するコメントも見かけます。 真一(筒井道隆)は梨香子(川原亜矢子)と岡本(加勢大周)の関係を疑うが、梨香子が里枝(江波杏子)と言い争うのを聞き、梨香子が自分を信頼していることを知り安心する。ある日梨香子は、真一と口論して外に飛び出し、陣痛を起こす。 筒井 道隆(つつい みちたか、本名同じ、1971年3月31日 - )は、日本の俳優。東京都調布市出身。堀越高等学校卒業。舞プロモーション所属。血液型A型。父は風間健。, 1971年3月31日、キックボクシングの東洋ミドル級チャンピオンだった風間健の長男として生まれる。それ以外のプライベートはあまり語られる機会はないが、年少の頃に妹とスタジオジブリ映画『火垂るの墓』を観て号泣したエピソードを語ったことがあり[1]、妹の存在は明らかになっている。父が武道家で厳しかったため、高校生時代は反抗期を迎える機会もなかったという[1]。高校卒業後はすぐに芸能事務所に入り、その後ほどなく映画出演の仕事が舞い込み、その作品がデビュー作の『バタアシ金魚』である。役者デビューするきっかけは、父親に「役者になるか、自衛隊に入るか、どちらかを選べ」と言われたことで、本人はデパートにでも就職するつもりだったと語っている[1]。, 20歳代は恋愛ドラマで脚光を浴び、「トレンディドラマを代表する俳優の1人」「トレンディ俳優の1人」と評され、『あすなろ白書』や『君といた夏』でアイドル的な人気を博す。若い女性向け雑誌のインタビューやグラビアなどにもたびたび登場し、役柄の影響から「女性にモテるが優柔不断な男性」のイメージを持たれることも多かった。しかし、三谷幸喜脚本作品に起用され、作品自体がヒットしたことで、「頼りないが憎めないお人好し」という役柄も得て、コメディー路線も確立。テレビドラマでは警察もの(『ボーダー』、『ゴンゾウ』、『警視庁継続捜査班』など)でのトラウマを持った人物の心理表現、映画では『KT』での自らのルーツに戸惑う韓国人ボディガード、『俺は、君のためにこそ死ににいく』での望まない戦争に身を投じる特攻兵などの厚みのある演技を見せる反面、デビュー作『バタアシ金魚』や映画『ブレス・レス』では恋に突っ走る明るい役柄も演じている。, 実生活において筒井本人が理想とする男性像は「心の強い人」であるとインタビューで語っている[2]。, 2013年8月オートルートアルプスにTEAM、トーゲの一員として出場し完走を果たす(男子完走449選手の内368位、TEAM総合成績は93TEAM中75位)[3]。, “「一緒に走れて本当によかった」 田代、筒井、大谷がそろって完走を果たす オートルート最終・第7ステージ”, https://www.oricon.co.jp/news/2169129/amp/, https://realsound.jp/movie/2020/06/post-573939.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=筒井道隆&oldid=81448558, 趣味は自転車、バイク、歴史、社会。自転車・バイク関連の雑誌インタビュー・表紙に登場することも多く、レース出場にも意欲的である。, 21歳の別離〜中堀由希子・白血病とのたたかいに青春をかけて〜(1993年) - 辻井重吉, ラヴ・レターズ(2019年10月11日 – 12日 EXシアター六本木、10月19日 森ノ宮ピロティホール), 最後の言葉 作家 重松清が見つめた戦争(2003年8月15日、NHK BS1) - 詩の朗読, ふるさと発スペシャル−ふるさとから、あなたへ−あいたい「初夏の大山 風を感じて」(2010年、NHK), 北九州スペシャル「ここでやり直そう 〜北九州・非行少年を支えるガソリンスタンド〜」(2011年、, 地方発ドキュメンタリー「突きつけられたゲンジツ希望退職711人の労働移動」(2013年 NHK). 今でも活躍されている俳優さんばかりの12人の主役達をご紹介します! 松本幸四郎や山口智子、鈴木京香など豪華メンバーに加え、 当時は舞台で活躍していた西村雅彦、梶原善などの脇を固めるキャストもストーリーに厚みを増しています。 話はレストラン“ベル・エキップ”内でおこることながら、シリアスな場面での緊張感や個性豊かな人間模様など、この12人のキャストの織り成す、細かな演技が見応え十分! 特別にすごいヒーローや、極悪人も出てこない変わりに、どこにでもいる人達が力を合わせて … 2006年『功名が辻』出演 大河ドラマ第45作。平均視聴率は20.9%。 司馬遼太郎の小説『功名が辻』を原作としながらも、脚本家・大石静は大胆な解釈を加えたことでも話題になった。 竹中半兵衛役 2020年9月7日(月) 午後9:00~午後10:57放送予定の『12人の優しい日本人』に出演する 筒井道隆 昔はよくトレンディドラマで見ていたおっとりしたイメージの筒井さん。 久しぶりに名前を見て、いろいろと気になったので調べてみました。 結婚して子供はいるのか? 筒井道隆 俳優 つつい ... nhkでは連続テレビ小説『私の青空』、大河ドラマ『功名が辻』、『再生の町』『神様の女房』『龍馬・最後の30日』、bsプレミアム『花嵐の剣士』『龍馬の遺言』ほかに出演してい … 筒井 道隆 (つつい みちたか) ... 大河ドラマ『功名が辻』(NHK)2006 スペシャルドラマ『玉蘭』(テレビ朝日) 2007 土曜エンタ!『カエサルの遺伝子 ローマ人の物語への旅』(WOWOW)2007 『Around40』(TBS)2008 足利尊氏(足利又太郎→足利高氏→足利尊氏) –真田広之 (少年期-雨笠利幸) 赤橋登子~足利尊氏の正室になる –沢口靖子 足利貞氏~足利尊氏の父で、秘かに天下取りを託す –緒形拳 (少年期-高野八誠) 上杉清子~足利貞氏の側室で、足利尊氏と足利直義の母。 –藤村志保 足利貞氏の正室~金沢貞顕の妹で足利尊氏の父の正室 –横山リエ 足利直義~足利尊氏の弟だが最後には毒殺される –高嶋政伸 (少年期-高橋守) 足利直義の正 … 2004年『新選組!』出演 大河ドラマ第43作。人気脚本家・三谷幸喜を原作に迎え、人気俳優をズラリと揃えた、nhk渾身の一作。 松平容保役 幕末、京都守護職をつとめる。