2.1. ここでは愛犬の避妊手術費用の相場や適切なタイミングについてご紹介しました。 犬の避妊手術はだいたい3~5万円ですが、地域や犬種などの体重により変わってきます。 中型犬:約30,000~110,000円前後. 通院 … 8,000円 2. 犬の避妊手術の費用相場はどれぐらい?どんな手術? 今後繁殖を考えないことで、避妊手術を受ける場合に、費用相場がどれぐらいか、避妊手術の流れについても説明します。 2018年11月21日作成. 犬の治療費や手術費の相場はいくら? 1.1. 手術費用の相場: 去勢手術: 17,675 円: 犬避妊(卵巣切除) 26,780 円: 犬避妊(卵巣子宮切除) 27,413 円 犬の避妊手術後には 抜糸が必要 になるのが ほとんどで、1週間~10日後に行う場合が 多いです。 最初に紹介した避妊手術費用内訳には 含まれておらず、 別途抜糸料がかかる 所が多いようです。 抜糸料の目安:1,000円前後程度. 1 <腹腔鏡手術とは> 2 <腹腔鏡手術の手順> 3 <腹腔鏡手術のメリット> 4 ペット保険に未加入ならすべて実費; 3. 診療・手術料金表のご案内です。中央区銀座で犬・猫の診療、手術、トリミングなら銀座ペットクリニック。東銀座駅・築地市場駅より徒歩3分、土曜・日曜も診療しているとても通いやすい動物病院です。新富、八丁堀、内幸町、丸の内など周辺地域からの来院もお待ちしております。 犬の鼠径ヘルニアは鼠径部の隙間から脂肪や臓器が飛び出る症状です。犬の鼠径ヘルニアの症状や原因、治療・手術方法、予防法、かかりやすい犬種・年齢、ペット保険の手術費用の補償等を紹介しています。鼠径ヘルニアの術後や再発のリスク、手術で治るのかなどを紹介しています。 犬の避妊手術の費用. 犬の去勢(不妊)費用の相場っていくらなの? 人間には健康保険があり、 医療費は3割負担で済みます。 最近では、犬の保険なるものも でてきてはいますが、どの保険も 去勢手術は保障外です。 手術したあとに、 とんでもない金額を請求されたら…、 犬のカテゴリ - 犬の健康ケア; view: 134 手術 … 100,000円 慢性疾患にかかると何度も病院へ通うことになるので費用も多くなります! また、初診 … 犬の避妊手術後のケア方法. 犬の手術費用は高額; 2. 大型犬:約40,000~200,000円前後. 犬の避妊手術の費用は病院によって違います。 獣医師が各自で料金の設定をしているからです。 手術料金の相場としては 2万円~8万円程度 になるそうです。 普通手術に必要な費用に 犬の避妊手術をする時期については、全身麻酔のリスクがあるため体力がある若い内がよいでしょう。メスの犬の避妊手術は最初の発情期が来る前をお勧めします。また、費用については40,000円~80,000円が目安になるでしょう。 小型犬:約20,000~110,000円前後. 雄犬の場合は去勢、雌犬の場合は避妊といいますが、どちらも繁殖するつもりがないのなら、必ずやっておきたい手術です。中でも雌犬の避妊は非常に重要です。その理由と、避妊手術の費用、避妊をした後の経過と、手術をした方が良いメリット、またはデメリットについても解説します。 犬が病気やケガで動物病院で受診する時の費用を、椎間板ヘルニア、アレルギー性皮膚炎のケースを例にご紹介しています。それぞれの診療費用とアイペットのペット保険による補償額がいくらなのかをご確認いただけます。 全ての飼い主がペット保険に加入しているわけではありませんが、手術や入院することになった場合には、ペット保険に入っていると心強いといえます。. 1. また再診料などもかかる場合 … 犬の入院や手術費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?犬が滑らないやさしいコルクマット専門店の看板犬リンちゃんが「膣ポリープ」切除手術と「避妊」手術を受ました。その時の手術の検査内容や費用などをまとめました。チワワやトイプードルなどのメスの小 犬の去勢費用はいくらでしたか?5万は高いですか?うーん。高いけどあり得る料金設定かな。去勢…避妊ひっくるめての去勢ということで回答します。動物病院は基本的に自由診療だから、料金はまちまち。お住まいの地域にもよるかな。銀座と 子猫が欲しいなどの予定がない猫は、野良猫であっても不妊手術を行うことが推奨されています。成猫になる前に手術を行うことで、望まない妊娠や感染症の予防、発情期のマーキングや鳴き声、ストレスの抑制などのメリットがあります。以下に、避妊や去勢の手術にかかる費用をまとめました。 ペットも人と同じで、がんができてしまうことがります。その中でも、乳腺腫瘍はとりわけ多くみられることの多い病気です。ここでは、犬の乳腺腫瘍の手術費用と、良性・悪性の区別、術後の再発についてご紹介したいと思います。「乳腺腫瘍」と「乳がん」って同 入院 … 12,000円 3. ワンちゃんを飼育するにあたって、 避妊手術のことって、いずれ慎重に考える ときがくるのではないでしょうか。, 避妊手術をすることで病気を防げたり、 ストレスを軽減できたりとメリットも あるもの。, でもそんな時、 手術によるワンちゃんへの負担だったり、 現実的に考えて費用のことだったり。, 今回は避妊手術にかかる費用に関して 徹底的に調べあげましたので、 ご紹介していきますね!, 一般的な開腹手術の相場で言うと、 3万円~5万円と言ったところで、 多少価格に幅がありますね。, ちなみに、雄の去勢手術に比べると、 雌の避妊手術はお腹を開く手術で 時間と労力もかかるので、 避妊手術の方がお高めになります。, そして、病院では価格設定に決まりが ないため、個々で値段を決めている ことからも大きな違いが出てきます。, 避妊手術にかかる費用のことを調べてみると、 費用の内訳も病院や、手術を受ける ワンちゃんによって様々なんだというのが 分かりました。, 主に、麻酔のリスクを検査するための 血液検査、尿検査、心電図など、 麻酔料から入院料などが全て含まれています。, 病院によっては慎重で、より安全な手術に 臨むため内臓の血液検査や、レントゲン、 心電図検査から超音波検査なども入れてくる ところもあるようです。, このような検査は、ほとんどの場合が オプションとして加えられるものなので、 必ず必要な検査というものでもないようです。, 老犬だったり、持病があったりとリスクを 伴いやすい状態であれば検査項目も増える かと思います。, しかし、飼い主が手術に関して何も知識が ないまま、半ば強引にあらゆる検査を 勧めてくる病院も実際にあるようです。, 大事なのは、費用や内訳については目を通し、 分からなければ先生に説明してもらい、 納得のいく形で手術に送り出せるかどうか ではないでしょうか。, そして、高いか安いかではなく、 いかに信頼出来る病院かが一番重要 なのではないでしょうか!, 何故ならペット保険は病気や怪我による 手術を対象としているため、健康体での 避妊手術は病気と見なされないからです。, 何か病気を発症しており、その治療上で 避妊手術が行われた場合などは適応される 事もありますが、基本は適応されませんので 全額自己負担となると心得ておきましょう。, ①卵巣子宮摘出術 卵巣・子宮どちらも摘出する ②卵巣摘出術 子宮を残して卵巣のみ摘出する, 犬の避妊手術で、ほとんどの動物病院で 実施されているのは「卵巣子宮摘出術」 となります。, その名の通り、卵巣と子宮の両方を摘出 するのですが、繁殖を抑制するだけの目的で あれば卵巣のみでも良いのでは? と思いますよね。, 両方摘出する理由としては、 卵巣ホルモン分泌が原因とされる病気を 予防するという意味合いでも勧められて いるようです。, 犬の避妊手術であるもうひとつが 「卵巣摘出術」で卵巣のみ摘出する という方法です。, 子宮蓄膿症は卵巣から分泌される ホルモンが原因と判明しているため 卵巣のみでも防げるとして実施している 病院もあるようです。, ただ確実ではないことや、卵巣の取り残し などのリスクを伴うため、実施している 病院が少ないのが現状と言えます。, また費用の違いですが、犬種(大きさ)や 手術方法によって決められている病院が 多いため、次の章で詳しく解説して行きます。, 犬の避妊手術方法のひとつである 腹腔鏡手術のメリットとデメリットを 見てみましょう。, 次に犬の避妊手術方法でも一般的な 開腹手術のメリットとデメリットを 見てみましょう。, それぞれの特長や費用を知った上で、 大切な家族とも言える愛犬に合った 方法を選択したいものですね。, ずっと付き合っていくことですから、 ワンちゃんのためにもこれは 知っておきたいですよね!, まず大事なのは、先生が飼い主さんと しっかりコミュニケーションを とってくれるか?というところです。, そして自分のライフスタイルに合わせて、 通いやすく、親切な病院に出会えると いいですね!, 皆さんは、犬の虚勢・避妊手術には 各区市町村から補助金が出るって 知っていましたか?, おそらく、実際に手術をしたり 身近で聞くことで、初めて補助金が 出るのを知ったという方が ほとんどではないでしょうか。, 実際に、私も飼っている雄猫の 虚勢手術を考えたときに先生から聞いて 初めて知りました!, でも実施していない地域もあるので、 詳しいことは、 各自治体(市役所や保健所など)に 問い合わせて確認をしてみましょう。, その他にも細かな取り決めがあったり しますので、手続き等をスムーズに行う ためにも事前に確認しておくのがベスト と言えるでしょう。, 地域によっては抽選という方法もあり、 必ずその制度を受けられるとも限らない ようです。, ある決められた期間に病院でもらった 応募ハガキをポストに投函し、 後日結果が郵送されるというものでした。, このように、地域で手続き方法や 助成金額は様々なので気になる方は、 各自治体に確認してみましょう!, こちらの記事では、避妊に適した時期や、 成犬、老犬になっても避妊はできるのかなど、 避妊と年齢について詳しく紹介しています。, 犬の避妊手術後には抜糸が必要になるのが ほとんどで、1週間~10日後に行う場合が 多いです。, 最初に紹介した避妊手術費用内訳には 含まれておらず、別途抜糸料がかかる 所が多いようです。, また再診料などもかかる場合もあるかも しれませんので、手術前に抜糸までの 費用も忘れずに確認しておきましょう。, こちらから聞かなくても費用内訳など しっかり説明してくれる病院なら安心ですが、 説明がない病院が意外と多いので最低限の 知識は身につけておきたいものです。, その他にも避妊手術後の対応で 気をつけたいことをまとめている こちらの記事も参考にしてください。, 特に気になる体調の変化など、いつもより 注意を払って愛犬の負担を少しでも 減らしてあげてくださいね。, 避妊手術にかかる費用や、 補助金制度について少しでも お分かりいただけましたか?, 大事なのは費用が高いか安いかではなく、 安心して避妊手術をお願いすることが できるかの信頼度ではないでしょうか。, 現在1児の母として、子育て奮闘中でございます! 実家にはシーズーの男の子。 そして今は可愛い子どもと愛猫と のほほんと楽しく過ごしています。 いつも子どもには「何でそんなに可愛いの~♪」と頬にスリスリ… けっこう親バカなんです(笑) 幼い頃から動物が大好き!! そんな好きが高じて、ドッグトレーナー専攻で専門を卒業し、 その後はペット用品店に勤務していました。 その経験を活かし、 常に誰かの悩みや気持ちと向き合いたいという想いで執筆致します! ワンちゃんのいろいろな情報を発信することで、 1つでも幸せが増えますように^^. 手術をしてもらえなくなりますからね。 最後にまとめますと犬の脂肪腫の手術費用の相場は8万円前後です。 もっと愛犬の病気について学んでみたい方はこちらの書籍をおすすめします。 ⇒愛犬の病気百科最新版 [ 愛犬の友編集部 ] こちらも参考に! 犬の避妊手術の料金の相場は? 避妊手術の料金は、動物病院によって様々です。 一概にはいえませんが、幾つかのデータを載せておきますね。 ラブラドールレトリバー: 70,000円. 避妊手術費用はいくら?チワワの場合 手術には先立つものも勿論必要で、 避妊手術にかかる費用 について。 うちのチワワの避妊手術の場合、費用はこうなりました。 チワワの避妊手術費用. 避妊手術は全身麻酔をし、開腹手術によって1~2時間で行われます。 去勢手術も全身麻酔を行い、1時間前後で行われるのが一般的です。 犬の避妊・去勢手術の費用相場は? 避妊・去勢手術費(小型犬):2万~3万円前後 避妊・去勢手術費(大型犬):5万円程度 チワワ: 60,000円 犬の避妊手術の値段は、小型犬の場合は2万円から3万円前後、大型犬であれば5万円程度が相場になっているようです。術前検査をどこまで行うのか、日帰りなのか入院なのか、また、術式によっても値段が変わってきます。 ペット保険について. 犬の避妊手術の費用!獣医による違いや相場や保険. 保険会社やプランによりさまざまですが、年間保険料の相場は以下のようになっています。. わんちゃんを病院へ連れて行くとき、もしも初めて行く病院なら「どんなところなんだろう」「病院でわんちゃんが不安な思いをしないだろうか」など様々な心配が頭を過ります。 中でも一番の心配事は「治療費はどのくらいかかるんだろうか?」ということだと思います。 まずは一度病院へ行くとどのくらいかかるでしょう? 平均金額をみてみましょう! 1. 【1ページでまるわかり】メス犬の避妊手術とオス犬の去勢手術について、最新情報と共に詳しく解説します。保健所や愛護センターで殺処分される不幸な子犬の数を減らすため、全ての飼い主が考えなければならない重要なテーマです。 【1ページでまるわかり】避妊手術とはメス犬の生殖能力を人の手によってなくしてしまうことです。メリットとデメリットを最新の科学的データとともにご紹介しますので、手術の目的や時期を決める際の参考にして下さい。 犬の治療費や手術費用の相場、お金がない時の対処法について詳しく解説していきます。 目次. 犬の治療費の支払い方法. 雌犬に避妊手術を行うことは、社会的な責任を果たすことにもなります。雌犬の子宮を摘出すると、子宮の感染症(子宮蓄膿症)にかかることもなくなります。また、2度目の発情期前に手術をすると、成犬になってからの乳がんの予防に効果があります。 不妊手術とは、女の子(メス)なら避妊手術、男の子(オス)なら去勢手術のことですが、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?, 日本獣医師会による不妊手術費用の調査報告(平成26年度)によると、手術費用の価格帯は次のようになっています。, .不妊手術 [中略] 犬去勢 17,675 円 [中略] 犬避妊(卵巣切除) 26,780 円 犬避妊(卵巣子宮切除) 27,413 円, 出典:家庭飼育動物(犬・猫)の 診療料金実態調査及び飼育者意識調査(日本獣医師会), 不妊手術については、大多数の病院が体重別の料金を設定していると回答しており、料金を体重別に設定している病院が多いことがうかがえます。, 不妊手術時の体重別料金設定の有無 犬去勢 ある 83.4% ない 15.7% 無回答 0.9% 犬避妊(卵巣切除) ある 85.3% ない 13.4% 無回答 1.3% 犬避妊(卵巣子宮切除) ある 88.5% ない 10.8% 無回答 0.7%, (10kg以下) 30,000円 (20kg以下) 35,000円 (30kg以下) 40,000円, 入院費(去勢・避妊ともに1泊まで)と内服代(避妊のみ)も含む。 術前検査を希望の場合は別途料金。, (15kg以下)   32,700円 (15~30kg)    38,000円 (30kg超)    43,300円, 避妊 (15kg以下)    48,700円 (15~30kg)    58,500円 (30kg超)    65,800円, (5kg以下)   25,000円 (5~10kg)    30,000円 (10~20kg)  35,000円 (20kg超)    40,000円, (5kg以下)    30,000円 (5~10kg)  35,000円 (10~20kg)   40,000円 (20kg超)   45,000円, ※これらのほか、傷口を舐めない様エリザベスカラーを使用したり、内服薬を処方されることもあります, 犬の不妊手術(去勢・避妊)は、ケガや病気にあたらないため、基本的にペット保険の適用外です。(有名どころのアイペット損保やアニコム損保などは適用外です。), 不幸な命を増やさないために、市町村や獣医師会で不妊手術の助成金交付をしているところがあります。, 飼い主がその自治体に居住・納税し同自治体で飼い犬登録した上でその地域で犬を飼っているという条件のところが多いです。 なお、手術を行う動物病院もその自治体内でなければなりません。, 獣医師会会員の動物病院の窓口で申請し、手術後に助成金を差し引いた金額を支払う。(京都市は市と獣医師会両方から交付される為京都市に申請・京都市が獣医師会に支払う), なお、会員の動物病院で申請書は簡単に入手できますが、先着の所と抽選の所があります。, 他団体に関しては対象が今年は○○県というように全国の地域を限定して行うようですがすべて抽選です。, ①と②の両方で交付を受けられる地域はほとんど無く、基本的にどちらか一方でしか助成金交付は受けられません。, ざっくり言えば、「自治体からの交付のない地域において、獣医師会が独自に行っている所もある」といった感じです。, なお、飼い犬対象の助成金交付をしている自治体は少なく、大半が飼い主不明の犬猫が対象です。, まずは、ご自身の自治体・かかりつけの動物病院が助成金の交付対象になっているかどうかを、直接確認されると良いでしょう。, なお、全国の助成金の交付状況について調査しているサイトがあるので、そちらも参考になります。, 動物病院の金額設定は特に決まりがないため、地域や病院によってかなりの差が生じます。, 値段の差は使う麻酔・手術用器具、犬の体重、助手の人件費、術前検査の内容等によって生じてきます。, しかし例えば、高額の最新設備、器具、多くの人員を使っていれば、当然金額は高くなります。, 一方、安すぎる場合は設備、人員、衛生面など何かを犠牲にしていることも考えられます。, また安すぎる避妊手術の場合、全摘せず卵巣摘出のみで子宮摘出しない可能性もあり、未熟な技術で卵巣摘出のみを行った場合は、子宮蓄膿症発症リスクが高くなります。, さらに、料金表の表示金額が「手術代と麻酔代のみ」の場合もあり、その場合は別料金が発生します。, 手術の際に術者と助手、さらには麻酔をモニターするスタッフが1人ついたとしたら手術料金が5〜6万円位(場合によったらこれ以上)の請求が来ても仕方がないと思います。反対に手術するような環境ではない場所で麻酔は挿管を行わず注射麻酔のみ、縫合には原価の安い絹糸(絹糸が悪いわけではありません)を使用しモニターなどは行わず術者1人で行えばそれは破格で済むことでしょう。けれどもこのような状態で行っていれば麻酔事故(死亡を含めた)や感染などいつ起こっても不思議ではない状況です。, 料金については、先程ご紹介した動物病院の料金例をご参考にしていただきたいと思います。, ただ、良い動物病院を選ぶためには料金だけではなく、信頼できる動物病院かどうかを見極めることが大切です。, 不妊手術の是非についての考え方は色々ですが、愛犬の生殖能力を飼い主が奪ってしまう事に変わりありません。, 間違えても、何の説明も受けないまま、あるいは何も調べないまま、不妊手術する事だけは避けてください。, 犬・猫をはじめ、ハムスター・フェレット・うさぎ・モルモット・ハリネズミ・シマリス・セキセイインコ・ブンチョウ・カブトムシ・クワガタ・金魚・熱帯魚・メダカ・亀・カエルなどの動物に関するお役立ち情報や、癒し・おもしろ画像・動画をお届けします。. 避妊手術の費用は犬種によって大きく異なります。 犬のサイズによって金額が変化し、小型犬なら2万円前後、大型犬の場合は5万円程度かかる場合もあるようです。 犬の避妊手術の相場は? 大体調べるものをまとめるとこのような結果になりました。 手術費小型犬:2万~3万円前後 手術費中・大型犬:3万〜5万円前後 術前検査費:1万円前後 抜糸の費用:1000円前後 エリザベスカラー:2000円前後 犬の避妊手術について、通常の 開腹手術との違いやメリット、 デメリット、費用などについて まとめてみましたので参考にしてください。 メニュー. ペット保険から治療費を支払う; 2.2. 生後4ヶ月のビーグル(オス)を飼っています。犬の去勢手術をする時期はいつ頃、何ヶ月ぐらいがタイミングとして良いですか?手術にかかる費用は、どれぐらいの金額になるのでしょうか?日帰り?入院が必要でしょうか?繁殖させる予定はなく、そろそろ去勢を考えています。 手術代+入院代+エリザベス・カラー代 .