「活動」カテゴリーアーカイブ

公認証

統一地方選大阪市会議員選挙の自由民主党公認証、左藤府連会長朝倉府連幹事長からいただきました。大阪市の廃止分割絶対阻止
頑張ります

湯ズニランド

午後からは、住吉区南住吉にある銭湯??朝日温泉の田丸正高さんが主催する「第2回すみよし湯ズニランド」~お風呂屋さんで会いましょう~を見に行ってきました。
いろいろと趣向をこらし、思った以上に楽しめるイベントでした。
銭湯の経営は厳しいと聞いていますが頑張ってください。

3.7
3.5
3.4
3.2
3.1
3.9
3.3
3.8
3.10
3.6
3.13
3.11
3.12
Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image...

メルボルン大阪カップ2023

12月12日、我が会派議員団で、第9回メルボルン大阪カップ2023ダブルハンドヨットレースを開催していただく要望を行いました。
本市とメルボルン市は、本年、姉妹都市提携40周年を迎え、来る12月16日から20日には本市及び市会代表団がメルボルン市を訪問し、市役所への表敬訪問や現地で開催されるさまざまな記念事業に参加する予定です。
本市とメルボルン市との姉妹都市提携は、1974年に締結された姉妹港提携から友好親善関係が発展して姉妹都市提携に至ったものであり、両市の港湾にかかわる友好関係は公民を問わず長く深い歴史を持っています。
1987年には、大阪港開港120周年を記念して、メルボルン/大阪ダブルハンドヨットレースが開催され、それ以降、同レースは両市の交流 を深めることに大いに貢献してきています。
2025年日本万国博覧会が大阪・関西で開催されることが決定された。博覧会の成功に向け、本市としては、そのため、2025年万博開催に向けて世界的広報活動を戦略的に進めていくことが必要。
本年3月から5月に開催された第8回メルボルン大阪カップ2018ダブルハンドヨットレースは、次回、2023年に開催されることとなっているが、世界中から多くのチームが参加するこのレースは2025年万博開催に向けて大阪・関西を発信する絶好の機会。このレースを「万博プレイベント」と位置づけることで、これまで本市が長年にわたり築いてきた姉妹都市・姉妹港などの友好親善関係を活用し、万国を世界中にPRされるよう強く要望したものです。

此花区北港ヨットハーバーは大阪市が所有する大阪港のヨットの聖地。数多くの艇庫があり、障害者1人乗りヨットレースなども開催され、近くは西宮ヨットハーバーなど、国内外の海を愛する方々に育まれて来たスポットです。2023年大阪港に世界各国のヨットがゴールするのは素晴らしい光景になるでしょう。

リメンバー5.17

「リメンバー5.17」あの住民投票の日を忘れない・・・
何のために、誰のために、私たちの住む故郷の形や名前を変えるのか。
変えれば良くなる? それは幻想。
どう変えるのか。それが大切。
時間をかけて、しっかり考えよう。
大阪市という政令指定都市が担っている役割。
大阪市だからこそできる様々な市民サービス。
あの時、失われたらもう二度とは戻れなかった。
3年前の今日反対多数で否決された都構想。
同じ地域で2度も住民投票をやる意味がどこにあるのか。
ラストチャンスだったはず。「1票でも多い方」に決まったのだ。
8年間で失われた大阪をもう一度取リ戻そう。
当たり前の‘身近で、大切な優しい市民サービスを。
無駄な二重行政などあリはしなかった。
私たちは市民のみなさんと一緒に、ニアイズべターをもっと進める。
自分たちの町のことは、自分たちが一番よく知っているから。
自分たちの町のことは、自分たちで決める
政令指定都市・大阪市の財源と権限を自ら手放してはならない。
もう、嘘やこまかしで塗り固められた都柵想の設計図に終止符を打とう。
歴史と伝統ある大阪市民としての、尊厳をかけて私たちはさらに闘う。
愛する地域のために。
愛する家族のために。
愛する仲間のために。
確かな未来のために。
だから、大阪都構想には「きっばりNO!」