¯å¤§éœ‡ç½ >>被災直後から現地での避難生活まで >>被災地から他府県への移動 >>被災地の救出活動 >>被災地で活用できたバイクの体験談 ョン営業マンになってからのご案内の経験、両方の視点から「初めてのモデルルーム見学」で大切なことをお伝えします。 ョンの耐震性」ではないでしょうか。一戸建てとの比較や「免震」との違い、その他の中古物件のチェックポイントについて解説します。 月々の固定費の大半を占める家賃は、家計をやりくりする中で重要な要素ですよね。家賃は少しでも下がれば嬉しいもの。しかし、「家賃の減額交渉なんて考えたことも無い」「どうやったら良いか分からない」という方も多いのではないでしょうか。 大きな地震の後は、防災意識が高まります。 でも、「とりあえず防災リュック!」と思っていませんか? もちろん、防災リュックはあったほうがいいですが、まず第一は命を守ること! 私は2年前に熊本地震を経験しました。家が命を脅かす場所になるという危険性も知りました。 ーズンを前にどのような対策を取ればよいのかをチェック。 万全な対策で、大切なわが家を守りましょう。 うときは管理も重要なチェックポイント。 入居者にも注意しないといけない。 っている方は、是非この記事を最後までお読みください。加入の意志が固まるはずです。 ¯æ²–と震度7以上の地震を2回体験しましたが、普段から地震が多い地域なので、近所の人や家族は落ち着いてました。外に飛び出るという事はしなかったですね。ただ、一番にドアや窓を開ける事をして下さい。 ョンなどの共同住宅が高密度に立地していることから,これら住宅の災害対応が本市の防災・減災対策上の重要課題となっています。 ョン管理士の体験談2 2011/09/11 5:41 に hiroto suzuki が投稿 [ 2011/10/15 2:22 に更新しました ] ったときの体験談を27人分掲載した記事です。 それぞれが購入金額・世帯年収・頭金・ローン返済額・年数を教えてくれています。 ョン10部屋所有オーナーが重視する会社選定ポイント 近年防災意識が高まっているものの、実際のところ「何をどれだけ備えておけばいいかわからない」という人も多いのでは?被災経験をしたママたちに「あってよかった&なくて困った日用品」について聞きました。 不動産を高く売却するためには、売るときの基本はもちろん、注意点も知っておく必要があります。ここでは、「不動産売却の方法・流れ・費用」や「業者選び」で損をしないための注意点を説明します。 きるか分かりませんが 家に備えが、やはり必要です。 いざという時にどういうものが役立ったのか、なくて困ったのか この記事では、経験者の体験談を載せています。 ョンの下の人の苦情には悩まされました。それが賃貸だったから半年ほどで退居できましたが分譲でずっと住まなければいけなかったらと考えると頭がおかしくなります。 ¥å‹™åº—により手続きの仕方や内容が異なるので、その点を踏まえて読んでみてくださいね。 賢い大家さんになるために、色々な事例を参考として吸収していきましょう! ョンで地震になり避難したことがあります。 かったですね。私は本棚、嫁さんはテレビを支えてました。初めての体験でしたね。 まぁ、テレビ付けて震度7(結果的に震度7かも?)の所もあったみたいです。 »å¸‚ 取材日:2011å¹´7月19日 ――この度の被災についてお見舞い申し上げます。 地震の当日は、どちらにいましたか?