2020年以降の配偶者特別控除の早見表(出典:国税庁タックスアンサーより) このケースでは納税者の年収は600万円としてありますので、配偶者特別控除の早見表で見ると、納税者本人の合計所得金額が900万円以下のケースとなります。 「配偶者の収入金額に応じて、段階的に控除をしてあげますよ」というのが配偶者特別控除です。, ただし、配偶者特別控除を少しでも受けるには、控除を受ける納税者の合計所得が1,000万円以下である必要があります。 2020年以降の配偶者特別控除の早見表 (出典:国税庁タックスアンサーより) このケースでは納税者の年収は600万円としてありますので、納税者本人の合計所得金額が900万円以下のケースとなります。 配偶者控除と配偶者特別控除は、一体どこが違うのでしょうか?配偶者控除や配偶者特別控除を利用するための条件を説明し、利用することでどんなメリットがあるのか、具体的な例を交えてご紹介します。 >> 個人事業の所得控除一覧へ. 配偶者控除・配偶者特別控除は受けられるか? ※配偶者控除・配偶者特別控除は、夫・自分の年収によって控除額が変動しますので、下記の控除額早見表も参照ください。 夫の保険に被扶養者として入れるか? 関連するQ&Aで更に詳しくチェック! 「パートで頑張ってくれているみなさん、もっともっと働いて下さい!」という国からのメッセージです。, 今までは、この控除を受けられる納税者の所得要件が「1,000万円以下」というシンプルなものでした。 >> 扶養控除について この記事では、年末調整(令和2年分以降)における 配偶者控除額 配偶者特別控除額を自動計算し、「給与所得者の配偶者控除等申告書」の記入を簡単にする「エクセルファイル」を紹介しています。こんな人に使っていただけると嬉しいです。 仕事で年末調整 最近は、子育ても終わって、少しおちつかれた主婦の方が働く機会が増えてきましたね。今回は、働く配偶者を持つ方に認められる「配偶者控除」「配偶者特別控除」のお話をします。1. 配偶者特別控除(はいぐうしゃとくべつこうじょ)とは、ある一定の収入のある配偶者がいる納税者から所得控除を行ない、所得税や住民税を少なくする制度です。 ここでは、確定申告時における配偶者特別控除のポイントをお話します。ぜひ […] 「配偶者特別控除」とは?「配偶者控除」と「配偶者特別控除」の違い、制度の改正点、改正後の控除金額、2020年分(令和2年分)からの所得要件、納税者本人の所得金額と控除額の対応表、控除適用の要件などについて、わかりやすくまとめています。 全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安. 後に表でまとめています。, なお本ページ最後に記載のとおり、2020年分からは「38万〜123万円」の所得要件がさらに変更され、「48万〜133万円」になります。, 配偶者特別控除を受けるには、配偶者が以下の要件すべてに該当する必要があります。 段階的に適用されていた控除です。これが「103万〜201万円」まで拡充されました。 制度があるのは知っているけど、適用条件などについて詳しくわからない、という方も多いかと思います。そこで、配偶者控除と配偶者特別控除の適用条件、控除額を分かりやすく解説します。, 配偶者控除とは、納税者に「源泉控除対象配偶者」がいる場合に、納税者の所得が一定額控除される制度です。, たとえば、旦那さん(納税者)の給与年収が500万円で、奥さん(配偶者)が専業主婦の場合は、旦那さんの所得から38万円を控除することができます。, 控除というのは差し引くということで、税金が38万円減るのではなく、所得が38万円減るということなので間違えないようにしましょう。, 配偶者控除の適用には以下の条件が必要で、当てはまる配偶者を「源泉控除対象配偶者」といいます。, なお、控除対象の配偶者の年齢がその年の12月31日時点で70歳以上の場合は、「老人控除対象者配偶者」となります。, 下図のとおり、合計所得900万円(年収1120万円)までは一律38万円ですが、合計所得900万円(年収1120万円)を超える場合には段階的に控除金額が減額され、合計所得が1000万円超(年収1220万円超)の場合、控除の適用がなくなります。, 配偶者特別控除とは、48万円を超える所得(給与収入のみであれば103万円超)がある「控除対象配偶者」を対象に、配偶者と納税者の所得額に応じて、納税者の所得が一定金額控除される制度です。, 配偶者特別控除の金額は、控除対象配偶者と納税者それぞれの所得(年収)に応じて下図のとおり変わります。, 配偶者控除および配偶者特別控除を図に表すと以下のようになり、配偶者の年収が150万円を超えると配偶者控除の控除額が減っていき、年収が201万円以上になると、配偶者控除および配偶者特別控除が適用できなくなります。, このように、年収の壁とは、配偶者の年収によって税負担に変化が起こる境目をいいます。, また、このほかにも住民税における100万円と社会保険における130万円の壁もあります。, 配偶者控除、配偶者特別控除の適用を受けるには、納税者の職業によって手続きが異なります。, 会社員を始めとした給与所得者の場合、会社が行う年末調整の際に手続きを行うことで配偶者控除・配偶者特別控除の適用を受けることができます。, 個人事業を行っている方や、年の途中で退職したなどで年末調整が行われていない方は、自身で確定申告を行うことで配偶者控除・配偶者特別控除の適用を受けることができます。, 夫婦間の相続では相続税を軽減できる「配偶者の税額軽減」というものがあります。相続税の配偶者控除では以下の金額のうち、どちらか大きい方までは相続税がかかりません。, なお、本制度の適用によって相続税の納付額が0円になる場合でも、相続税申告はしなければなりません。, もし、申告期限までに遺産分割が終わらなければ、一度法定相続分で相続税を申告し、3年以内に「更正の請求」を行うことで、過去分の相続税にも適用することができます。, 夫婦間での財産の贈与では、最高2000万円の贈与が無税で行える、「贈与税の配偶者控除」があります。, 配偶者が贈与した居住用不動産、もしくは居住用不動産購入資金のうち、通常の贈与税の基礎控除額110万円と2000万円を合わせた2110万円までは贈与税がかからないという制度です。, なお、贈与額が2110万円を超える場合、超えた部分については通常通り贈与税が課されます。, 所得税や相続税申告と同様に、更正の請求を行うことで過去分の申告についても制度を適用することが可能です。, 税金のことでお困りごとがあったら、無料で税理士に税務相談ができる「みんなの税務相談」を活用ください。, ご希望のご予算に合わせた最適な税理士をコーディネーターが無料でご紹介します。 ※ 配偶者の給与収入はおおまかな換算(細かな情報はこちら - e-Gov), 例えば、パート勤めをしている妻の給与収入が年間で173万円となった場合で、 【シミュレーション】配偶者控除がだめでも配偶者特別控除を受けられるかもしれません。 2019/10/11 2020/3/10 税金 , シミュレーション でも、急なシフトが入ったり、突然のボーナスで103万円を超えてしまったというようなことが起きてしまうかもしれませんね。 >> 専従者と配偶者控除の関係について 2020.11.17 税制 年末調整や確定申告の際、配偶者控除、配偶者特別控除を適用するとき、説明が所得ベースで書かれていて分かりにくいですね。 自己負担額の2,000円を除いた全額が所得税(復興特別所得税を含む)及び個人住民税から控除される、ふるさと納税額の目安一覧(平成27年以降)です。 「年収から配偶者控除の手取り金額を知りたい」「配偶者控除でどれだけ手取りは増える?」上記のような疑問にお答えします。配偶者控除後の手取りを計算しました。年収が1,000万円以下までは配偶者控除を適用することで手取額が増えますよ。 これは2020年分からなので、2021年(令和3年)2月16日〜3月15日に行う確定申告から適用されます。, この変更は基礎控除の改正に伴うものです。 配偶者控除とは、納税者(確定申告をする本人)に控除対象の配偶者がいる場合に受けられる控除です。「配偶者がいる方を税金面で優遇してあげよう」という内容の控除です。 個人事業主のあなたに妻か夫がいる場合、後述の要件を満たせば、最高38万円の配偶者控除を受けることができます。これによってあなたが納める所得税や住民税が少なくなります。 似たような控除に「扶養控除」がありますが、配偶者控除と扶養控除を同時に重複して受けることはできません。どちらにも当てはまる場合は、 … 13 配偶者特別控除 14 扶養控除 ... 令和2年分 配偶者特別控除額の早見表 ... 税込価格: 3,520 円 (本体価格: 3,200 円) 長内 昌三 編. 最終更新日:2020/3/25 会社員が納めるべき税金を、会社で一括して取りまとめる源泉徴収や年末調整は、経理にとって大切で責任重大な業務です。特に2020年は所得税の計算に必要な数字に変更があった … これが「900万円以下、900〜950万円、950〜1,000万円」の3段階に分けられる形になりました。 夫の合計所得が500万円の場合、夫の所得から16万円を配偶者特別控除として控除できます。, もしあなたが個人事業主ではなく給与所得者の場合、配偶者特別控除は年末調整で受けることができます。 下記よりお気軽にご相談ください。, 下記のフォームに必要事項をご入力の上、送信してください。 ということになるため、配偶者特別控除の「95万円超100万円以下」という記載欄にあてはめて、この表でチェックすると、配偶者特別控除は36万円と算定できるこがわかります(図表「2020年以降の配偶者控除、配偶者特別控除早見表」の、「所得者の合計所得金額900万円以下」の列を … 上表のとおり、配偶者が得ているのが給与収入だけの場合、変更はありません。 2018年より配偶者控除が変わり「103万円の壁」が「150万円の壁」となりましたが、2020年からは「要件の所得額」に変更があります。本人の所得制限があり、夫婦それぞれの年収で増税、減税が。所得税、住民税の配偶者控除についておさらいをしましょう。 「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」を勤務先に提出してください。(国税庁ウェブサイト - 給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告), 配偶者控除のページで詳細を記載の通り、2020年分(令和2年分)からは配偶者の所得要件が10万円上がります。 115万円超 120万円以下6万円 4万円 2万円 扶養人数 0人 1人 2人 3人 4人 ③配偶者が他の扶養親族とされている場合 5人 6人 7人 110万円超 115万円以下11万円 8万円 上記(3)の①~④の区分に応ずる算式により … 給与所得とは、サラリーマンが勤務先から受け取る毎月の給与、賃金、賞与などの所得のことをいいます。パートタイマーなどの給料も給与所得です。給与所得については、2020年の税制改正で控除額が一律10万円引き下げられることになりました。 この記事では、令和2年分以降の「公的年金等に係る雑所得の計算方法」について紹介しています。公的年金等をもらっている人が基礎控除や配偶者控除等の適用を受ける場合、「基礎控除申告書」や「配偶者控除等申告書」に金額を記載する必要があります。 後ほど担当者よりご連絡いたします。, 利用規約、プライバシーの考え方に同意の上、「同意して確認画面に進む」ボタンを押してください。, 【2020年最新】「配偶者控除」および「配偶者特別控除」とは?控除の条件・控除額一覧 - 税理士ドットコム -. 2017年までの「103万円の壁」とは、「パートやバイトで働いている妻の年収が103万円以内であれば、税金面で優遇されます」という意味のもの。年収が103万円を超えると、本人には所得税が課せられます。さらに、妻の年収が103万円以下ならば、夫は配偶者控除として38万円の所得控除を受けることができ、夫の所得税が軽減されます。つまり、「103万円の壁」とは、自分が所得税を支払わなくて済み、同時に夫も配偶者控除が受けられ所得税が軽減されるギリギリのラインという意味を示すものでした。 (監修:税理士法人シグマパートナーズ 堀内太郎 税理士) 【税理士ドットコム】「配偶者控除」および「配偶者特別控除」とは、配偶者がいる納税者が一定の条件を満たせば、所得控除が受けられるという制度です。改正されてからよくわからなくなってしまったという方のために、適用条件や控除額について分かりやすく解説します。 老人控除対象配偶者 老人控除対象配偶者 38 万円 26 万円 配偶者特別控除額計算表 配偶者の給与収入 配偶者の合計所得金額 所得者本人の合計所得金額 900万円以下 900万円超 950万円以下 950万円超 1,000万円以下 13 万円 また、配偶者控除と配偶者特別控除は、2018年(平成30年)分からルールが改正されました。 さらに、2020年分からは配偶者の所得要件にも少し変更があります。, 配偶者に38万円を超える所得(給与収入の場合は103万円)があるために配偶者控除が受けられない場合でも、配偶者の所得金額に応じて、一定の金額の所得控除が受けられます。これを「配偶者特別控除」といいます。, 要するに、たとえ配偶者の給与収入が103万円を超えたとしても、控除がスパっとなくなってしまうわけではなく 今まではパートで働いている配偶者の給与収入が「103万〜141万円」だった場合に、 3.配偶者控除の変更点とその影響 上記1の③の通り、配偶者控除の範囲が2019年までは年間の合計所得金額が38万円以下であったものが、2020年より48万円以下と変更になりました。 合計所得金額とは所得が事業所得、不動産所得、給与所得、総合課税の利子所得、配当所得、短期譲渡所得、雑 … 本ページでは「配偶者特別控除」について見ていきます。 Copyright © 2021 bengo4.com All Rights Reserved. 3つ目までは配偶者控除と同じで、異なるのは4つ目の要件だけです。, 配偶者がパート勤めなどで給与収入だけを得ている場合には、給与収入の総額が103万円超 約201万円未満の場合に、配偶者特別控除を受けることができます。給与収入の総額とは、税金や保険を差し引かれる前の金額です。 (1)年末調整書類記入のお願い (2)配偶者控除・配偶者特別控除の早見表・ひとり親控除及び寡婦(寡夫) 3)令和3年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書… (勤務先から支給される交通費は含みません。), 「配偶者の合計所得」と「納税者本人の所得」の対応表です。一番左の列は、配偶者の所得を表しています。「うちの妻はパートで働いているよ」という方は、左列の「給与収入だと」の中から、奥さんの給与収入を探して下さい。, 右の3列は納税者本人の合計所得です。例えば「私の年収は500万円くらいだよ」という方は、「900万円以下(給与収入でいう1,120万円以下)」の列を参照して下さい。, ※「〜」は「超 〜 以下」 「配偶者控除」及び「配偶者特別控除」とは、配偶者がいる納税者が一定の条件を満たせば、所得控除が受けられるという制度です。 まずは、全体のイメージを見て頭を整理してみましょう。 下の図は、配偶者の所得が増える(右側へいく)に従って控除できる制度と控除額の推移を表しています。黄色の部分が「配偶者控除」、青色の部分が「配偶者特別控除」の適用がある配偶者の所得です。 これを見ると、配偶者所得0円から85万円まで、控除額は38万円(本人の所得が900万円以下の場合)で変わりませんが、配偶者の所得が38万円のところで、適用される制度は「配偶者控除」から「配偶者特別控除」に切り替わっています。 給与 … 【図2】控除額早見表 配偶者控除・配偶者特別控除が、夫と妻の年収によって控除額が変動することがお分かりいただけると思います。 次に、社会保険の話に移ります。税法上の扶養とは考え方が違うので、以下の図をご参照ください。 配偶者がアルバイトやパートなどで給与収入のみ得ているのであれば「給与収入だけの場合」を参照して下さい。, >> 配偶者控除をおさらい 2020年以降の配偶者特別控除の早見表 このケースでは納税者の年収は600万円としてありますので、配偶者特別控除の早見表で見ると、納税者本人の合計所得金額が900万円以下のケースとなり … また、配偶者特別控除も配偶者控除と同様で、夫婦の両方が受けることはできません。, まず、配偶者の合計所得金額の上限が、ゆるくなりました。 青色申告者の事業専従者としてその年で一度も給与を受け取っていない、もしくは白色申告者の専従者ではない, 青色申告者の事業専従者としてその年で一度も給与を受け取っていない、もしくは白色申告者の専従者でない, 年間合計所得額が48万円超133万円以下である(給与のみの場合は年収が103万円超201万円以下), 贈与を受けた年の翌年の3月15日までに、贈与された居住用不動産もしくは、贈与された資金で購入した居住用不動産に、贈与された者が住んでいて、且つ今後も住み続ける予定である. ページ数 / 判型: 776ページ / b5判. 「配偶者控除」と「配偶者特別控除」を、同時に重複して受けることはできません。